恋愛

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part4~

Contents
  1. 最初はよかったのに、たんだんLINEの間隔があいてきちゃって・・・
  2. モテるLINEが書けると、人生が楽しくなるって本当?
  3. 【まとめ】書き方を変えるだけで、モテる人生に変わる!
  4. 【まとめ】モテるLINE術の法則を知れば、恋愛偏差値が上がる
  5. LINEを書くときにやってはいけない「4つのルール」
  6. 関連記事

最初はよかったのに、たんだんLINEの間隔があいてきちゃって・・・

相手を不快にさせるLINEはこれだ!

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
相手との距離感無視の「距離感ゼロLINE」

悪い方ではないのですが、LINEをするたびに知らず知らずのうちに相手を不快にさせる悲劇の人・Yさん。

ご多分にれず既読スルーに陥ってしまうことをんでいました。Yさんのスマホを見せてもらってわかったことは、

「彼が距離感無視のLINEを送って、相手を怖がらせてしまうタイプである」

「何回かLINEのやりとりをしただけで、すぐに馴れ馴れしい口調」

「プライベートな質問の集中砲火をしてしまいがち」

の3つでした。

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者

Yさんは相手とLINEが続いていることに舞い上がってだんだん相手がドン引きして、

フ ードアウトしていくことに気がつけなかったのです。

そんなYさんは、相手の文章の文体や雰囲気に合わせて返信するようにアドバイスしました。

敬語で来たならば、カジュアルさを交せて、です。

たとえば、女性から来た

「Yさん、先日はありがとうございました。ごちそうさまでした」

というつLINEに対して、

「Kちゃん、ありがとうね!何がおいしかったかな?」

と返したとします。

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者

2人の温度差をおわかりいただけますか。これでは、相手から慣れ慣れしい人とマイナスのイメージを持たれてしまうおそれがあります。

この場合は、

「Kさん、こちらこそありがとうございました。あの店は何を食べてもおいしいのですが、どのお料理がロに合いましたか?」

といったふうに若干フォーマルさを出すと相手も安心です。

この文体の差で起こる悲劇は、年配の男性が年下の女性とLINEをやりとりするときに頻繁に起こっています。LINEを交わしているうちに、男性側が「ここからはタメロで!」と伝えたとしても、若い女性にとっては急に変えるのが難しいものです。どう対応すればいいのか返事を迷っているうちに、そのままやりとりが滞ってしまうことも。

基本的に、男性が女性の文体に合わせてあげれば間違いありません。オシャレや服のレベルを相手にそろえるのは大変ですよね。

でも、LINEの口調やトーンをそろえるのはさほど難しくないでしよう。愛盾を深めるために頑張りましよう。

相手のLINEに合わせて、相手が答えやすい環境をつくってあげるのが大人のたしなみです。

相手に送るLINEはギフト

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
「鏡の法則」で相手を喜ばせよう

言葉は相手へのギフトです。心理学で「鏡の法則」というものがありますが、雑な言葉を送ると、雑な言葉が返ってきます。

相手が冷たいなと感じるときは、あなたのLINEにも冷たさがあるものです。

逆に、大切な思いを込めれば、相手もこちらを大切にしてくれる気持ちを見せてくれます。

テキストになったこ言葉は、ロに出す言葉と違って、手元に残ります。

ですから何度も見返すことが可能です。

その送った言葉が、人を喜ばせるものなのか、それとも人を傷つけてしまうものなのか、いつも相手へプレゼントを送るつもりで、丁寧に書いてください。

上手に伝わっているか、相手が喜んでいるかの判断は、

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
「LINEの返信のなかに『嬉しい』『楽しい』『感謝している』の言葉が含まれている」「返事のタイミングが早くなる」「相手から質問してくる」などがあります。この兆候が出てきたら、うまくいっていると判断してもよいでしよう

人気ドラマ「半沢直樹」(TBS系)で、「倍返しだ!」というセリフがありましたが、心理学に「返報性の原理」というものがあり、人は他人から何らかの施しを受けたら、お返しをせずにはいられない心理状態になります。

相手を喜ばせる嬉しい言葉が倍になって自分に戻ってくるんです。ステキな言葉のプレゼント、あなたもたくさん使ってくださいねー

LINEの口調は相手に合わせて、喜ばせる言葉のギフトを贈ろう。

モテるLINEが書けると、人生が楽しくなるって本当?

男性と女性ではLINEの受け止め方が異なる

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
あるべき姿を演出できればゴールは近づく

これまで男女の違いを紹介しながら、LINEがいかに女性の気持ちをつかむのに適しているかをお見せしてきました。

LINE全盛の今、上手に使いこなせれば実際に会う回数が少なくても親密で濃密な関係をLINEのやりとりだけで築くことができます!

しかし多くの相談を受けてきて痛感したのが、LINEのやり方を知らない人があまりにも多いという点です。

何気なく日常でメルを使っている現代人たちですが、これまで誰かにLINEの上手な書き方を教わってきていないのが現状です。

男女ではLINEの受け止め方の違いが大きいということさえも知りません。これでは、せっかくLINEをしても無駄打ちで、既読スルーやプロックを招いてしまうことでしよう。

1 とにかくLINEを送る(打たないと始まらない)

2 LINEの返信の有無に落ち込ます、勇気を出して書いて(恥はかいても死にはしない)

3 相手を喜ばすことをモットーに!(それさえ忘れなければ何とかなる)

4 女性は肯定される、男性は尊敬されるのが好き!(間違いない!)

5 過去形ではなく、未来形で文章をつくる(楽しかった過去より楽しそうな未来!)

6 女性は比較して褒めてあげる。男性はオンリーワンで褒める(ココ、気をつけて!)

7 女性はアドバイスより共感、男性は意見より相談で(好感度200%上昇します!)

具体的な使い方は、各章で紹介していきます。さあ、モテるLINEのノウハウをゲットトして、楽しい毎日を送ってください!

男女での感覚の違いを理解して、27つの基本を押さえれば、モテモテになる日は近い!

【まとめ】書き方を変えるだけで、モテる人生に変わる!

・LINEの基本は、相手を喜ばすこと

・LINEの優位性を利用して、リアルと文章を組み合わせる

・話し言葉をそのままLINEにしない。感情を付け足すこと

・小さなお願いから始めて、少しすっステップを進める

・女性には気持ちに寄り添うLINEが効果的

【まとめ】モテるLINE術の法則を知れば、恋愛偏差値が上がる

・女性は自分に優しい言葉をかけてくれる人を待っている

・女性は共感の言葉や肯定してもらえる人を必要としている

・相手のLINEをコピべして、返信すればうまくいく

・質問のLINEは自分の意見を添える

・LINEの口調は相手に合わせる

・男性と女性ではLINEの受け止め方がまったく違う

・モテるLINEの基本

1 とにかくLINEを送る

2 LINEの返信の有無は気にせず、書く

3 相手を喜ばすことをモットーに

4 女性は肯定される、男性は尊敬されるのが好き!

5 過去形ではなく、未来形で文章をつくる

6 女性は比較して褒めてあける。男性はオンリーワンで

7 女性にはアドバイスより共感、男性には意見より相談がいい

LINEを書くときにやってはいけない「4つのルール」

文章が名が言う人はモテないのはなぜ?

長いLINEは丁寧という勘違いをやめよう。返信するのが面倒になってしまう

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
長いLINE=「丁寧LINE」と勘違いしていませんか?

相手への気持ちがいっぱいだと、ついついLINEが長くなってしまうことってありますよね。でも、相手も毎日に忙しいいので、極力負担にならないよう心がけましよう!

長い文章には、長い返事をしなければならないという心理が働きます。値段の高いプレゼントをもらったら、それと同じレベルのプレゼントを返さないと、と考えたことがある人ならわかると思います。

これは「好意の返報性」と呼ばれていて、人は好意を向けられると、それを返したくなるという習性があります。

相手への好意がいつばいで、長いLINEになってしまう気持ちはわかります。でも、相手がやりとりする対象はあなたひとりだけではありません。仕事関係や友人へ 「要返信」のLINEを毎日のようにたくさん抱えています。

あなたから来た長いLINEに対し、長いLINEで返したい思いはあっても、まだ関係ができてない場合は、長いLINEを返すのが面倒くさくなることもあります。

返信が短いと手抜きしたようで、あなたへ申し訳が立たないと相手に感じさせてしまうようであれば、それは負担でしかありません。

LINEはわかりやすく、 ほどよく短くで脱・時間泥棒になろう!

好きな相手にこんなLINEを送っていませんか?

「〇〇さんって、△△料理が好きって言ってたよね。今度行けるかな? でも忙しいか・・・。ディナーは難しいと思うけれど、ランチなら行けそうかな? どう?」

長いし、何が言いたいかわかりにくいです! 相手の状況を考えた思いやりに満ちたLINEとは受け取られません。

短くわかりやすく書きましよう。まどろっこしいLINEを送ると、相手にも長いLINEを書かせる羽目になり、時間がかかって仕方がありません。

もちろん相手がどんな人かわかるようになるまでは、ある程度の丁寧さを示すのは礼儀です。

でも、言葉のキャッチボ1ルが始まったらテンポよく短いLINEを投げあいましょう。

「そうだったんだ! それって〇〇だよね。僕は知らなかったんだけど、どうやって、それを知ったの? 雑誌とかテレビ?それとも本だったり? すごいこと知ってるよね」
「なるほど!」
「わあ、僕なんかが誘っなんかもできたら嬉しいな。あっ、無理だったら気にしないでいいし」
「大丈夫なら、連絡してもいいかな?」
「本当に? とても嬉しい。楽くしみ! 〇〇ちゃんってすごく優しいよね。のが好きなのをわかるセンスって最高かも! 僕こういうの好きなんだ」

「(スタンプ)+(短めのひと言)。こういうの好きなんだ!」

本心を隠すために文章を長くすると、情報がバラけてしまい、

結局相手に伝わりにくくなってしまうのです。余計な情報は省きましよう。

相手が答えやすい状況を用意すれば、YESを引き出しやすくなります。

長いLINEは丁寧ではない。短くして言い換えてみよう。

関連記事

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part1~

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!【恋愛】LINEやメールの文章術は恋愛に欠かせないツールです。コミュニケーション力が恋愛力です。そして、恋愛に欠かせないのはLINEです。LINEの文章術について解説します。LINEが上手になれば、恋愛から結婚への道も開かれます!また、本記事では株式会社bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。...

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part2~

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part2~【恋愛(結婚)】外見がイケてる人はもちろん最初は注目を集め、有利です。「見た目が9割」と言われていた時代はそれでよかった。でも、LINEなどみんなが手軽に文章をやりとりするようになってから、テキストのやりとりが巧みなLINEイケメンの地位が上がりました。また、本記事の画像は株式会社bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。...

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part3~

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part3~【LINE恋愛(結婚)の文章術】「あなただけ特別」というメッセージが加わりました。正しい情報+感情+特別感、 この3つがそろえば、既読スルーされることはありません!LINEは恋愛に欠かせないコミュニケーションツールです!また、本記事は株式会社bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。...

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part4~

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part4~【LINE恋愛(結婚)の文章術】...

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part5~

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part5~【恋愛(結婚)】LINEは欠かせない恋愛ツールです。どういう文章を書くべきなのか?を解説!嫌われたんだ!難しい!既読スルーの原因をご紹介!どうすればうまくいくのか?LINEの書き方についてポイントでご紹介します。また、本記事の画像は株式会社bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。...

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part6~

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part6~【恋愛(結婚)】LINEは婚活に必須なツールです。LINEなくして、恋愛は難しいです。「ありがとう」「いいね!」「さすが」を使って24時間以内に早めにレスポンスしましょう!様々なテクニックをポイントでご紹介します!また、本記事の画像は株式会社bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。...

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part7~

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part7~【LINE恋愛(結婚)】恋の接着剤や、恋愛の3つのスイッチ。 LINEは、恋愛に欠かせないコミュニケーションツールです。LINEなくして恋愛は難しいでしょう。そして、結婚もLINEが必要です。恋愛のスキルについて解説します!本記事の画像は、株式会社bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。...

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part8~

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part8~【LINEで婚活】LINEは恋愛や結婚において欠かせないコミュニケーションツールです。言葉って大事な時代です。LINEの使い方で損をしている人がたくさんいます。恋愛、結婚、婚活において、LINEの上手な使い方について解説します。本記事は、株式会社bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。...

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part9~

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part9~【婚活(結婚)】LINEの使い方、LINEでの文章の書き方をご紹介します。デートへの誘い方や、言葉の並べ方。許される言い訳をご紹介します。本記事の画像は株式会社bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。...

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part10~

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part10~【恋愛のトリセツ】結婚(婚活)に、LINEは必要不可欠です。LINEの書き方や使い方は、非常に大切です。LINEの使い方ややり方をご紹介します。素敵な恋愛をして結婚に向かいましょう!本記事の画像は、株式会社bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。...

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part11~

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part11~【LINEの使い方】恋愛や結婚において、LINEは必要不可欠なツールです。LINEなくして恋愛や結婚、婚活は考えられません。LINEの使い方ややり方をお伝えします。また、本記事は株式会社bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。...

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part12~

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part12~【LINEで恋愛する方法】婚活の一環でLINEは必要不可欠なコミュニケーションツールです。結婚に向かって、LINEのスキルを身につけましょう!例をあげながら、こういう時は、こうすれば良いんだよ!と具体的に解説します。また、本記事は株式会社bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。...

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part13~

【恋愛】LINEの書き方を変えるとモテるようになる!~Part13~ 【結論】トラブルを味方にする「アクシデント返し法」 ・約束がかぶっても、ウソはダメ。誠実に話すのがいちばん ・予定変更の場合...

【モテる人の特徴】ゲスな人は恋愛も人生もうまくいく!

【モテる人の特徴】ゲスな人は恋愛も人生もうまくいく!「シンデレラはなんで王子様と幸せになったの?」なぜならシンデレラはゲスな女、“ゲスデレラ”だったから! 「追う恋愛」から「追われる恋愛」へ。「尽くす恋愛」から「尽くされる恋愛」へ大好転する、「爆笑! 心屋流恋 愛本」。今なお人気爆発中の著者によるがんばらなくても素敵な恋愛ができる方法を大公開!...

【モテる人の特徴】ゲスな人は恋愛も人生もうまくいく!続編

【モテる人の特徴】ゲスな人は恋愛も人生もうまくいく!続編「シンデレラはなんで王子様と幸せになったの?」なぜならシンデレラはゲスな女、“ゲスデレラ”だったから! 「追う恋愛」から「追われる恋愛」へ。「尽くす恋愛」から「尽くされる恋愛」へ大好転する、「爆笑! 心屋流恋 愛本」。今なお人気爆発中の著者によるがんばらなくても素敵な恋愛ができる方法を大公開!...

【モテる人の特徴】ゲスな人は恋愛も人生もうまくいく!続編2

【モテる人の特徴】ゲスな人は恋愛も人生もうまくいく!続編2「シンデレラはなんで王子様と幸せになったの?」なぜならシンデレラはゲスな女、“ゲスデレラ”だったから! 「追う恋愛」から「追われる恋愛」へ。「尽くす恋愛」から「尽くされる恋愛」へ大好転する、「爆笑! 心屋流恋 愛本」。今なお人気爆発中の著者によるがんばらなくても素敵な恋愛ができる方法を大公開!...

【モテる人の特徴】ゲスな人は恋愛も人生もうまくいく!続編3

【モテる人の特徴】ゲスな人は恋愛も人生もうまくいく!続編3「シンデレラはなんで王子様と幸せになったの?」なぜならシンデレラはゲスな女、“ゲスデレラ”だったから! 「追う恋愛」から「追われる恋愛」へ。「尽くす恋愛」から「尽くされる恋愛」へ大好転する、「爆笑! 心屋流恋 愛本」。今なお人気爆発中の著者によるがんばらなくても素敵な恋愛ができる方法を大公開!...