ウエディング

【結納とは】結納の段取りと結納の形を解説

プレ花嫁
プレ花嫁
結納って一体何なんだろ?結納の段取りや形式について簡単に知っておきたいです!
元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
結納についてポイントでお伝えします!2分程度、お付き合いください!
結論:結納は必ずするものなのか?

① 仲人を立てる正式結納から、仲人を立てない簡略式結納までスタイルは様々です

② 結納の形式は地域ごとにも違いがあります

③ 結納スタイルは両親とよく相談をしましょう

本記事の信頼性

① ウェディング業界で10年間経験をした人間の情報が源です。
② 式場のプランナー50名分の知見を集約した情報が源です。
③ 実際に、結婚式を行った卒花嫁さん(約200名)の情報が源です。

※本記事の画像は、株式会社bloom(ぶるーむ)のアフターブーケを採用しています。

【アフターブーケ】結婚式ブーケ保存保管のポイント15選【アフターブーケとは】アフターブーケは、結婚式や挙式のブーケを長期的に残せる形に保存加工したブーケです。幸せの瞬間と共に残すアフターブーケ。アフターブーケのあれこれをお伝えします。ブーケや花束を押し花に。(生花保存加工)...
【花束保存&保管方法】プロポーズの花束を保存や保管する方法【花束保存保管の方法】プロポーズの花束の保存や保管方法、花束加工保存のポイント。記念の花束を残す方法をご紹介。※持ち込み可能。大切な花束を額に入れて残しておけるって素敵ですよね!結婚式でウェルカムスペースに飾る新郎新婦もいます!プロポーズの立体加工についてお伝えします。...
【結婚式後のブーケ、どうする?】花束保存・保管の評判や口コミ【アフターブーケの評判や口コミ】bloom(ぶるーむ)のアフターブーケを受け取った花嫁の評判や口コミをご紹介します。おすすめ!大満足!後悔なし!かわいい!想像以上!と好評価です。ブーケや花束持込みもできるので、ぶるーむさんオススメです。...
【プロポーズ】プロポーズのタイミングや言葉を徹底解説!プロポーズのタイミング、プロポーズの言葉、体験談、失敗談をご紹介します!また、プロポーズは一生に一度のこと。プロポーズをする場所等を含め、しっかり準備する事の大切さを経験者がポイントでお伝えします!プロポーズ、成功させましょう!...
【アフターブーケの作り方】残せる代表的なお花の図鑑①【花束を残す方法】アフターブーケ(フォーエバーフラワー)に出来るお花をご紹介します。お花の名前と、それぞれの特徴について簡単にご紹介します!結婚式ブーケ、挙式ブーケ、エターナルブーケ、記念の花束。...
【アフターブーケの作り方】残せる代表的なお花の図鑑②【花束保存保管の方法】アフターブーケ(フォーエバーフラワー)に出来るお花をご紹介します。お花の名前と、それぞれの特徴について簡単にご紹介します!結婚式ブーケ、挙式ブーケ、エターナルブーケ、記念の花束。...
【アフターブーケの評判】花束保存の口コミ20選【花束保存保管のレビュー】アフターブーケで後悔したくない方必見!押し花アート、ドライフラワーを残した先輩花嫁の口コミ20選!花束保存や保管の参考になります。花束の持ち込みができる東京と岡山のアトリエで、花束保存加工ができます。全国対応可能...
【アフターブーケの評判】花束を残す(保存)新郎新婦は増加?【花束保存加工】花束保存を選ぶカップルや新郎新婦は増加しているのか?実際にアフターブーケを経験した新婦さんの口コミや評判を記事にします。アフターブーケで迷ったり、後悔したくない方が対象です。元ウェディング業界にいた私が花束保存をした方が良い理由をお伝えします。...
【花束保存の口コミ】プロポーズ花束保存の経験者の声:10選【花束保存】プロポーズの花束や記念の花束の保存経験者の声!おしゃれなアフターブーケで大人気のぶるーむの評判!花束保存ができる会場のご紹介!沖縄、福岡、名古屋、東京、大阪、京都、北海道、岡山、神戸、仙台、札幌等、全国対応しているぶるーむ取扱店をご紹介します!...
【花束保存・保管の口コミ】押し花アフターブーケ:20選【アフターブーケ(押し花)】卒花嫁の評判や口コミをご紹介します!フォーエバーフラワー(押し花のドライフラワー)はおしゃれ!花束保存保管なら押し花アートがオススメです。挙式後、持ち込みも可能。お花を残したい方は、アフターブーケ(押し花)がオススメです!...
【いらない?】アフターブーケ後悔のポイント10選【アフターブーケ】アフターブーケで後悔する10個のポイントをご紹介します。アフターブーケにした卒花嫁、アフターブーケにしなかった卒花嫁の声をお届けします。アフターブーケは安い買い物ではありませんが、長期的な視点で見れば安い!です。アフターブーケに保存加工をオススメします!...
プロポーズのタイミング:プロポーズ前の準備方法と“やり方” ※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)さんのアフターブーケを採用しています。 【徹底解説】プロポーズ...
プロポーズのタイミングや言葉:プロポーズのやり方を解説 ※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)さんのアフターブーケを採用しています。 プロポ...
Contents
  1. 【結納】形式的な結納は敬遠される傾向(地域差が大きい)
  2. 【結納】結納の段取り(進め方)
  3. 【結納】地域ごとの習慣あれこれ
  4. 【結納】場所・費用・日取りの目安は?
  5. 【結納】結納品と結納金は必ず準備するの?
  6. 結納返しのしきたり
  7. 【結納】装いと書類(目録・受書・家族書)の準備
  8. 結納品の目録と受書を用意:家族書を交換する場合もです

【結納】形式的な結納は敬遠される傾向(地域差が大きい)

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
日本では古くから新しく親族となる両家が酒を酌み交わして祝う習慣がありました。その祝いの席で出された酒肴を結いのものと呼び、これが結納に変化したという説があります。

そして近年、家同士の結びつきを祝う品を交換する儀式になりました。

かつて結納は当たり前の儀式でしたが、現在では都市部を中心に省略される傾向が強く、首都圏や北海道、東海や関西地域では2,3割程度です。

一方で東北、北陸、四国、九州では半数程度のカップルが結納を行っており、しきたりをどの程度重んじるかは、地域や家によって変わって来るのが実情となっています。

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
形式は、仲人が良衛を往復する正式結納から簡略式まで様々です。名工の有無や形式を両家でよく話し合う必要があるでしょう。

※本記事の画像は、株式会社bloom(ぶるーむ)のアフターブーケを採用しています。

結納:結納の形

仲人を立てる場合は、正式結納が略式結納になります。いずれの場合も結納の後には祝い膳を囲み会食をします。

結納:正式結納

仲人または仲人夫妻が使者として両家を行き来し、結納品を取り交わす伝統的な結納の形式です。時間と手間がかかることから、現在はあまり行われないのが実情です。

結納:略式結納

仲人と両家が一堂に会して、結納品を交換するのが略式結納です。時間は短縮されますが進行と口上は正式結納とあまり違いがありません。

結納:簡略式結納

仲人をたてず両家がひと所に集まって行うスタイルが簡略式結納です。進行役は男性側の父親が務めます。昨今のスタンダードな結納の形が簡略式結納です。

結納:両家の慣習が違う場合はどうすれば良いの?

結納に対する考え方は、地域や家によって様々です。両家の考え方が違う場合、以前は男性側の慣習に合わせるといいましたが、略式をより重んじるほうに合わせるのが無難です。調整役は二人が進んでやるようにしましょう!

※本記事の画像は、株式会社bloom(ぶるーむ)のアフターブーケを採用しています。

【結納】結納の段取り(進め方)

結納:関東と関西など地域よって慣習が異なります

結納には、地域ごとに様々なしきたりが存在します。その代表が関東式と関西式です。

関東式の正式結納では、男女双方が結納品を用意し、仲人が両家を行き来して、結納品を交換します。一方、関西式は男性だけが結納品を贈るならわしです。そのため、関東では「結納を交わす」関西では「結納を納める」と言葉も変わります。

結納品も、すべての品をまとめて、ひとつの台に飾る関東式に対して、関西式は1品ずつ台に載せ、飾りも大きく華やかにするのが特徴です。

関東と関西の違いだけを見てもわかるように、地方ごとにさまざまな慣習があり、住む地域によって贈り方や内容もかわるのが、結納の難しいところです。

地域の違いから、両家の慣習が異なるケースも多いので、双方の親と綿密にコミュニケーションを取って決めるのがコツです。

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
関東式でも、最近では略式として、男性側のみが結納品を用意するケースも増えているので、両家の希望にそってアレンジしましょう!

結納の段取り:日取り

結婚式の6~3ヶ月前に行うのが一般的です。日柄よりも、集まりやすい休日を選ぶのが主流です。大安、友引、先勝、末広がりの8日にする人もいます。

結納の段取り:会場

正式結納は双方の自宅で行います。略式・簡略式は女性宅もしくは、ホテル・結婚式場、料亭、レストランなどの個室を予約します。

結納の段取り:準備するもの

結納品、結納品、結納返し、目録、受書、当日の衣装、必要な場合は家族書と親族書。

結納の段取り:参加する人

本人と両家の親、仲人を立てるときは仲人。祖父母や兄弟の参加もできます。

結納の段取り:予算や支払

結納金や結納品は男女それぞれの家で用意します。会場費・仲人への御礼などは両家で折半するのが基本です。

※本記事の画像は、株式会社bloom(ぶるーむ)のアフターブーケを採用しています。

【結納】地域ごとの習慣あれこれ

結納の習慣:東北

桜湯は、桜がパッと散って縁起が悪いとして、梅茶を供します。

結納の習慣:東海

結納前に男性側が酒を持参して女性側を訪ねる「とっくりころがし」別名「たもと酒」の習慣があります。

結納の習慣:北陸

富山では両家でまんじゅうを交換する風習があります。

結納の習慣:近畿

京都では結納前に「見合い扇子」という扇子を贈り合う儀式があります。

結納の習慣:九州

結納前に酒一升と鯛一匹を交わす寿美酒の儀式があります。

※本記事の画像は、株式会社bloom(ぶるーむ)のアフターブーケを採用しています。

【結納】場所・費用・日取りの目安は?

◇ポイント

① 二人が慣習の違う両家の結納スタイルの調整役になりましょう!

② ホテルや専門式場の結納パックを利用すれば、しきたりがわからなくても安心して儀式ができます

正式結納は自宅、略式はパックで費用は両家折半が基本

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
仲人を使者に立て、両家を往復する正式結納は、必然的にそれぞれの自宅が会場になります。略式・簡略式結納は、かつては女性宅で行うのが一般的でしたが、準備が大変なことや住宅事情から、最近はホテルや料亭などを利用するケースが増えています。

式場やホテルには室料から祝い膳までセットになった結納パックが用意され、しきたりに不慣れでも結納を行うことができます。また、女性宅で儀式を行った後、祝宴は外食にするのもいいでしょう。

結納にかかる会場、会食費用は両家折半が基本です。

それ以外にも男性側は結納品、結納金、婚約記念品が、女性側は結納返しと婚約記念品などの用意が必要です。ただし、予算はやり方次第、親も交えて事前によく話し合っておきましょう!

結納:都合の合う日の午前11時スタートが一般的

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
仲人を立てる場合は仲人の都合を最優先に、休日など参加者が都合のよい日を選びます。日柄にこだわることはありませんが、大安、友引、先勝、末広がりの8のつく日にする人もいます。

おめでたいことは午前中に行うのがよいとされ、午前11時ごろからはじめて、祝い膳を囲み、午後3時ごろお開きにするケースが多いようです。

結納パックの内容

室料・料理・飲み物代・装花代・結納品・介添料など、結納式と会食に最低限必要な内容が揃っていることが多いです。

介添係が席順、進行、口上まで丁寧に世話をしてくれる会場もあります。

結納成功のカギ

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
地域によって準備するものが違う結納の品物や品数、儀式の進行や装いの格など、二人が調整役になり準備を進めることが成功のカギです。

費用の分担も、参加者数に差がある場合やどちらかが遠方から来る場合、負担のバランスがなるべく平等になるように配慮します。

結納:こんな時間帯でも大丈夫?

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
出席者がしきたりにこだわらないのであれば、午後から始めても問題はありません。

午後から始めて、終了後にお茶会や夕食会を行うケースも増えています。両家、仲人とも納得する時間に決めましょう!

※本記事の画像は、株式会社bloom(ぶるーむ)のアフターブーケを採用しています。

【結納】結納品と結納金は必ず準備するの?

◇ポイント

① 結納品の数は奇数を基本に両家でそろえるのが一般的です。品数は、9,7,5,3品目と様々です。

② 両家が納得すれば、結納金と結納返しは省略し、記念品交換にするスタイルもあります。

結納品は関東式と関西式があり、やり方によって準備も変わります。

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
結納の際用意する結納品には、結納金を包む金包、お祝い飾りの末広や友白髪、喜ぶの意味が込められた昆布などの食品があり、それぞれに縁起をかついだ意味があります。

地域によって内容に違いが見られますが、関東式と関西式に分けるのが一般的です。品数はどちらも9品目が正式とされ、最近では7品目や5品目、3品目に簡略化する傾向になっています。

飾り方は関西式の方が細工を凝らした豪華なものです。

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
関東式に結納品を交換する場合は、両家で品数をそろえるのがしきたりですが、女性側は省略し、男性側のみ結納品を用意するケースも増えているので、事前に両家でよく話し合いましょう

結納品はデパートや式場、インターネットで購入するのが便利です!

結納金を贈る場合は経済力を考慮して金額を決める

男性側から女性側へ贈る、結婚の支度金が結納金です。

金額は、月収の2~3倍が目安です。実際は、100万円、70万円、50万円程度の現金を用意する人が多いようです。

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
本人の経済力や今後の出費を考えて、二人で話し合うのがいいでしょう。

最近は結納金を省略し、婚約記念品のみを贈ることもありますが、男性側からは切り出さないのがマナーです。決める前に親にも相談をしましょう。

※本記事の画像は、株式会社bloom(ぶるーむ)のアフターブーケを採用しています。

結納返しのしきたり

結納返しは結納金の半額を御袴料として返す、関東式のならわしです。

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
最近は結納金の額を抑えて結納返しを省いたり、10万~20万円程度の品物で返すこともあります。

一般に関西では行いませんが、1割程度を返すこともあります。

※本記事の画像は、株式会社bloom(ぶるーむ)のアフターブーケを採用しています。

【結納】装いと書類(目録・受書・家族書)の準備

◇ポイント

① 結納の装いは格を揃えましょう!子供がダークスーツの場合は親も洋装が良いです。

② 必ず用意する目録は市販の結納品セットに入っていることもあります。家族書を交換する場合もです。

両家の格を揃えたい装いを!女性は振袖が華やかでオススメ

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
結納は改まった婚約の儀式です。ひと昔前は、服装も格式が高い振袖などの正礼装で行われました。最近では、結納そのものが簡略化される傾向なので、服装の格も準礼装または略礼装が一般的になっています。

男性は、本人も父親もブラックスーツが基本です。略式・簡略しいの結納ならダークスーツでもいいでしょう。

女性本人は、洋装ならドレッシーなワンピースやアンサンブル。和装なら訪問着か付け下げます。振袖も華やかで喜ばれるでしょう。

いずれにしても、出席者の装いの格をできるだけそろえることが結納の日の大切なマナーです。

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
両家でバランスが取れるよう、服装についても事前に話し合って決めて置きましょう!親は本人たちより豪美にならないよう気を付けましょう!

結納:目録を自分で書く時の注意点

奉書紙を外表にして二つ折りにし、折り目を下にして、濃い墨を用いて毛筆で書きます。

文末には句読点を打たないのが決まりです。書いたものは三つ折り半にして上包みに入れ、目録と表書きをします。

※本記事の画像は、株式会社bloom(ぶるーむ)のアフターブーケを採用しています。

結納品の目録と受書を用意:家族書を交換する場合もです

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
結納の際は、結納品の内容を記した目録と、結納品を受け取った証の受書を取り交わします。

結納品を両家で交換する関東式は、男女とも目録と受書が必要で、関西式では男性側が目録を、女性側が受書を用意します。

また、関東式は目録を結納品に数え、関西式では数えません。

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
目録と受書は、奉書紙に毛筆で書くのが正式ですが、市販の結納品セットにはどちらも入っていることもあります。市販品は1行目に結納金の名目と、日付を書き込めばすぐに使えるのでオススメです。

また、家族書や親族書といった家族、親族構成を紹介する書類を用意することもあります。これから始まる親戚づきあいには大切な情報ですが、最終学歴、勤務先などを記入する場合、わだかまりのもとになることもあります。

最近では省略する傾向にあるので、書類の有無は両家で話し合って決めましょう!用意した場合は、結納台の左脇に置きます。なお、容姿が偶数枚になったときは白紙を1枚つけて機数枚で終わらせるのがしきたりです。

【アフターブーケ】結婚式ブーケ保存保管のポイント15選【アフターブーケとは】アフターブーケは、結婚式や挙式のブーケを長期的に残せる形に保存加工したブーケです。幸せの瞬間と共に残すアフターブーケ。アフターブーケのあれこれをお伝えします。ブーケや花束を押し花に。(生花保存加工)...
【花束保存&保管方法】プロポーズの花束を保存や保管する方法【花束保存保管の方法】プロポーズの花束の保存や保管方法、花束加工保存のポイント。記念の花束を残す方法をご紹介。※持ち込み可能。大切な花束を額に入れて残しておけるって素敵ですよね!結婚式でウェルカムスペースに飾る新郎新婦もいます!プロポーズの立体加工についてお伝えします。...
【結婚式後のブーケ、どうする?】花束保存・保管の評判や口コミ【アフターブーケの評判や口コミ】bloom(ぶるーむ)のアフターブーケを受け取った花嫁の評判や口コミをご紹介します。おすすめ!大満足!後悔なし!かわいい!想像以上!と好評価です。ブーケや花束持込みもできるので、ぶるーむさんオススメです。...
【プロポーズ】プロポーズのタイミングや言葉を徹底解説!プロポーズのタイミング、プロポーズの言葉、体験談、失敗談をご紹介します!また、プロポーズは一生に一度のこと。プロポーズをする場所等を含め、しっかり準備する事の大切さを経験者がポイントでお伝えします!プロポーズ、成功させましょう!...
【アフターブーケの作り方】残せる代表的なお花の図鑑①【花束を残す方法】アフターブーケ(フォーエバーフラワー)に出来るお花をご紹介します。お花の名前と、それぞれの特徴について簡単にご紹介します!結婚式ブーケ、挙式ブーケ、エターナルブーケ、記念の花束。...
【アフターブーケの作り方】残せる代表的なお花の図鑑②【花束保存保管の方法】アフターブーケ(フォーエバーフラワー)に出来るお花をご紹介します。お花の名前と、それぞれの特徴について簡単にご紹介します!結婚式ブーケ、挙式ブーケ、エターナルブーケ、記念の花束。...
【アフターブーケの評判】花束保存の口コミ20選【花束保存保管のレビュー】アフターブーケで後悔したくない方必見!押し花アート、ドライフラワーを残した先輩花嫁の口コミ20選!花束保存や保管の参考になります。花束の持ち込みができる東京と岡山のアトリエで、花束保存加工ができます。全国対応可能...
【アフターブーケの評判】花束を残す(保存)新郎新婦は増加?【花束保存加工】花束保存を選ぶカップルや新郎新婦は増加しているのか?実際にアフターブーケを経験した新婦さんの口コミや評判を記事にします。アフターブーケで迷ったり、後悔したくない方が対象です。元ウェディング業界にいた私が花束保存をした方が良い理由をお伝えします。...
【花束保存の口コミ】プロポーズ花束保存の経験者の声:10選【花束保存】プロポーズの花束や記念の花束の保存経験者の声!おしゃれなアフターブーケで大人気のぶるーむの評判!花束保存ができる会場のご紹介!沖縄、福岡、名古屋、東京、大阪、京都、北海道、岡山、神戸、仙台、札幌等、全国対応しているぶるーむ取扱店をご紹介します!...
【花束保存・保管の口コミ】押し花アフターブーケ:20選【アフターブーケ(押し花)】卒花嫁の評判や口コミをご紹介します!フォーエバーフラワー(押し花のドライフラワー)はおしゃれ!花束保存保管なら押し花アートがオススメです。挙式後、持ち込みも可能。お花を残したい方は、アフターブーケ(押し花)がオススメです!...
【いらない?】アフターブーケ後悔のポイント10選【アフターブーケ】アフターブーケで後悔する10個のポイントをご紹介します。アフターブーケにした卒花嫁、アフターブーケにしなかった卒花嫁の声をお届けします。アフターブーケは安い買い物ではありませんが、長期的な視点で見れば安い!です。アフターブーケに保存加工をオススメします!...
プロポーズのタイミング:プロポーズ前の準備方法と“やり方” ※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)さんのアフターブーケを採用しています。 【徹底解説】プロポーズ...
プロポーズのタイミングや言葉:プロポーズのやり方を解説 ※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)さんのアフターブーケを採用しています。 プロポ...