ウエディング

結婚式の友人のスピーチ:感動的な例文20選

※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワー(アフターブーケ)を採用しています。

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
友人スピーチは、ただ祝福し思い出を語るだけではなく、自分の代時な友人の人となりを、相手側のゲストに紹介するという役割も担っています。心温まるエピソードを盛り込んで、新郎新婦の素晴らしい一面をアピールしましょう!
【花束保存&保管方法】プロポーズ花束やもらった花束を残す方法もらった花束を残したい!もらった花束をおしゃれに花束保存保管の方法:もらったプロポーズ花束の保存保管方法、おしゃれに花束加工保存のポイント。記念の花束を残す方法をご紹介。大切な花束をおしゃれに残しておけるって素敵!プロポーズの立体加工について...

結婚式の友人代表スピーチ:文例20選完全マニュアル

結婚式:友人のスピーチ例文①

〇〇くん、●●さん、この度はご結婚誠におめでとうございます。
ご両家並びにご親族の皆様には、心よりお慶び申し上げます。

只今ご紹介に預かりました、新婦友人の××と申します。
本日はおめでたい席にお招き頂きありがとうございます。

●●さんとは、小学校1年生の時に知り合いました。
入学式の日、友達がおらず一人で居た私に優しく声をかけてくれたのが●●さんでした。
その日以来毎日一緒に登校し、放課後はたくさん一緒に遊びました。
●●さんは小さい頃からよく気が利いて、おっちょこちょいな私には頼りになるお姉さんの様な存在でした。
高校に入ってからは会う頻度が減ってしまいましたが、それでもお互いが困っている時には相談できる関係でいる事が出来ました。

大学に入った頃私が夜に泣きながら●●さんに電話をすると、●●さんは片道1時間もかけて私の家まで会いに来てくれました。
その時の心強さは、今でも決して忘れる事は出来ません。
そんな頼りになる●●さんはいつも笑顔で明るくて、私の憧れの存在でもあります。

○○くん、●●さんがいつも笑顔でいられる様に、これからも支えてあげて下さい。
そしてその天真爛漫な笑顔を、ずっと守ってあげて下さい。
明るく、笑顔で溢れる素敵な家庭を築いていって下さい。

大変つたない話ではございましたが、ご結婚のお祝いの言葉とさせて頂きます。
本日は、本当におめでとうございます。

結婚式:友人のスピーチ例文②

〇〇くん、●●さん、この度はご結婚誠におめでとうございます。
ご両家並びにご親族の皆様には、心よりお慶び申し上げます。

只今ご紹介に預かりました、新婦友人の××と申します。
本日はおめでたい席にお招き頂きありがとうございます。

○○くんとは、高校時代のクラスメートです。
その頃から○○くんはクラスでも中心的な存在で、いつも皆を笑わせてくれる明るい人でした。
誰かが落ち込んでいるのを見付ければ、すぐに傍へ行って明るい話題で笑顔を届けてくれます。
そして電車では立っている年配の方にさっと席を譲る事が出来る、大変男前な性格をしています。

ある時は見知らぬ人のために、雨でずぶ濡れになりながら逃げた犬を追いかけていた事もありました。
○○くんは本当に心の優しい素晴らしい男性なんだと、その時改めて思ったのを覚えています。

●●さん、○○くんはいつも無理をしてしまいがちです。
頑張り過ぎな時には、その温かい笑顔で○○くんを癒してあげて下さい。
そして明るく、笑顔で溢れる素敵な家庭を築いていって下さい。

大変つたない話ではございましたが、ご結婚のお祝いの言葉とさせて頂きます。
本日は、本当におめでとうございます。

結婚式:友人のスピーチ例文③

ただいま司会の方からご紹介いただきました、新婦エミさんの友人の相田と申します。 伸介さん、エミさん、またご両家ご親族のみなさま、本日は誠におめでとうございます。 友人といたしまして、お祝いの言葉を述べさせていただきたいと思います。

エミさんとは高校の同級生で、それ以来親しくお付き合いをさせていただいております。
エミさんは高校時代から美貌の持ち主で、女子校だった我が母校で後輩からは憧れの先輩であり、校門を出ればエミさんファンクラブの他校の男子たちが列をなすという伝説の美女でした。
そんな見た目は美しいエミさんですが、内面は随分と男らしく頼もしい人で、学年行事にはリーダーシップをとってみんなを率い、体育祭ではチアリーダーではなく学ランで応援団長を勤め、彼女目当てに来場した男子ファンの度肝を抜いた事は、武勇伝として今なお語り継がれています。
男前な性格だけあって、よく食べ、よく飲み、よく笑うエミさん。一緒にいると元気をもらえる存在です。その上料理も上手ですから、笑いの絶えない、幸せな毎日を送られることでしょう。

これからは家族ぐるみのお付き合いをお願いします。本日は、おめでとうございます。

結婚式:友人のスピーチ例文④

伸介さん、エミさん、ご結婚おめでとうございます。ご両親ならびにご親族のみなさま、本日は誠におめでとうございます。

私は、エミさんと同じ大学のサークルで二年後輩の小川と申します。普段はエミさんをエミ先輩と呼ばせていただいているので、ここからはエミ先輩でいきたいと思います。

エミ先輩には、大学入学当時から大変お世話になりました。
上京したてで一人暮らしに慣れない私に、「ついでだから」と言ってお弁当を作ってくれたり、おしゃれなカフェに連れていってくれたり、大変親切にしていただきました。照れ屋なエミ先輩は、クールに装いながらも、いつも後輩たちに目を配ってくださるかっこいい人で、後輩は尊敬の眼差しで先輩を見つめていました。
恋愛の相談にもたくさん乗っていただきました。当時付き合っていた彼に、料理が得意なエミ先輩が作ったお弁当を、『私が作ったの』と言って食べさせた事、もう時効ですよね。喧嘩の仲裁にエミ先輩が入ってくださったこともありましたね。ダブルデートをしたこともいい思い出です。

その彼が、今の主人です。そして、エミ先輩もそのデートのお相手だった伸介先輩と結婚されるとは。あの場所から全てが始まったのだと思うと、感慨深いです。

楽しいムードメーカーの伸介先輩と、クールでかっこいいエミ先輩のカップルは、今でも私たちのお手本です。お二人らしいおしゃれで素敵な家庭を築いてください。ご清聴ありがとうございました。

結婚式:友人のスピーチ例文⑤

伸介さん、エミさん、本日はおめでとうございます。
ご両家の皆様にも心からお祝いを申し上げます。
ただいまご紹介いただきました、新婦エミさんと同じ会社に勤めております、相田と申します。

ご指名により、僭越(せんえつ)ではございますが、ひと言ご挨拶を述べさせていただきます。

エミさんとは同年入社して以来6年のお付合いになりますが、親しくなったきっかけは、我が社の伝統である、新入社員による朝礼委員会に任命されたことでした。私たちを含めた新入社員とメンターの先輩1人からなるその委員会は、毎週月曜の朝、並み居る大先輩たちを前に、部署の活性化をはかるため朝礼を行います。というのは建前で、実際はいかにして先輩たちを笑わせ、新人の名前を売るかというのがミッションです。時に漫才、時にコスプレ、時に踊り、ウケたりウケなかったりしながら、私たちは絆を深めていきました。

そうやって二人三脚で上り詰めてきたお笑い道でしたが、エミさんは私とだけではなく、ある人物とも心を通わせていたのです。その相手こそ、当時メンターであった、今あちらに座っていらっしゃる伸介さんその人です。
伸介さんは仕事ではおおらかで優しい先輩なのですが、こと朝礼委員会で笑いを取ることにかけては非常に厳しい方。特にエミさんへのダメ出しはシビアだったのですが、愛情ゆえの厳しさだったのだと今なら分かります。

伸介さんの英才教育のおかげで、今ではエミさんの余興の腕は相当なものなので、笑いの絶えない愉快な家庭を築かれることは間違いありません。どうぞ末永くお幸せに。

本日は、本当におめでとうございます。

結婚式:友人のスピーチ例文⑥

ただいまご紹介に預かりました、新郎の友人、井川と申します。伸介くんとは学生時代からのお付き合いでもう10年来のお付き合いをさせていただいております。ご指名により、僭越ではございますが、ひと言ご挨拶を述べさせていただきます。

皆様どうぞご着席ください。

伸介君、エミさん、ご両家ならびにご親族のみなさま、本日は誠におめでとうございます。このような素敵な結婚式にご招待いただきありがとうございます。友人一同を代表してお礼を申し上げます。

結婚式という場は、新郎新婦を誉め上げるものだと聞いておりますので、私も慣例に従い、私から見た伸介くんの素晴らしい点をお伝えしたいと思います。

一つ目は、「何をやってもかっこいい」ということです。 伸介くんはバスケ部の同期でしたが、この通り背も高くかっこいいだけでなく、バスケの腕も随一で、当時流行っていたスラムダンクで言えば間違いなく流川のポジションでした。女子にキャーキャー言われ、バレンタインにはチョコレートをたくさんもらっていた伸介くんは、女子生徒だけでなく、男子生徒にとっても憧れの存在でした。

二つ目は、「ツキを持っている」ということです。伸介くんは、高校時代は部活に熱心なあまり、決して成績優秀ではありませんでした。しかし、部活引退後の高校3年の秋から突如猛勉強を始め、脅威の集中力で現役東大合格を果たすというミラクルを起こします。その後も、Mr.東大に選ばれ、宝くじ7等が当たり、その上こんなに綺麗な奥様と結婚でき、彼は本当に“持っている”男です。

運も味方につけるみんなの人気者、伸介がこうして美しい奥様と良き日を迎えられ、本当に嬉しく思います。友情に厚い伸介が、独身の寂しい我々に、綺麗なエミさんのご友人を紹介してくれる日もきっと近いことでしょう。
つたない話になってしまいましたが、これで私の挨拶とさせていただきます。

お二人の末永い幸せを友人一同お祈りいたします。

結婚式:友人のスピーチ例文⑦

伸介くん、エミさんご結婚おめでとうございます。 並びに、内田家・遠藤家ご両家のご親族の皆様誠におめでとうございます。

ただ今ご紹介いただきました株式会社ABCの新規事業開発部の伊藤と申します。内田君より三年早い入社です。職場の仲間を代表しまして、一言お祝いの言葉を述べさせていただきます。

私たちの部署は、人材サービスを中心とした弊社の新規事業立ち上げのために、緻密なマーケティングに基づき、今後継続的に発展性のある事業を見立てて実現していくという役割を担っております。
新規事業開発には、経験だけでは補いきれない多角的かつ豊富な知識と、時代の潮流を捉える感性が必要となります。
内田君は入社当時からこの感性のアンテナが素晴らく、既成概念にとらわれない斬新な発想で、プロジェクトに非常に大きな気付きを与えてくれる大事な存在です。我々年長者に対しても臆することなく積極的に発言し、アウトプットの量・精度ともに高く、強い責任感と熱意で仕事に取り組む姿勢は、後輩ながら頼もしく、将来へ高い期待を寄せられています。新婦のエミさんは、将来有望な男性を射止められ、先見性は抜群だと御見受けしました。

1点、エミさんにお願いです。内田君は仕事熱心なあまり、洋服へのこだわりが全くありません。買うのが面倒という理由で、冬はまとめ買いした黒のタートルネックを毎日着てくる内田君の職場でのあだ名は“ジョブズ”です。まぁ、ジョブズはイッセイミヤケ、内田君はユニクロなのですが…。仕事に傾ける興味の10分の1でいいからファッションに興味を持ってほしいと思っていたのですが、これからはエミさんが専属スタイリストとして、内田君をプロデュースしてください。
これをもって私の挨拶を結ばさせていただきます。

内田君、エミさん、今日は本当におめでとう!

結婚式:友人のスピーチ例文⑧

「ただいまご紹介にあずかりました、○○と申します。□□さん、△△さん、並びに両家の皆様、本日は誠におめでとうございます。
せんえつではございますが、お祝いの言葉を述べさせていただきます。
大変緊張しているので、いつものように△△ちゃんと呼ばせてください。

△△ちゃんと初めて会ったのは高校の時、同じ陸上部に入部したことがきっかけでしたね。すごくほんわかした笑顔で「優しそうな子だな」と思ったことを今でも覚えています。

陸上部は毎日練習があって、私は正直、「今日はもうサボっちゃおうかな」と思うこともありましたが、△△ちゃんが毎日「頑張ろう!休んだらまた明日がつらいよ!」と励まし、私を部活に引っ張って行ってくれましたね。
練習中も常に周りに気を配り、辛そうにしている子がいるとすぐに声をかけていた△△ちゃん。私は自分のことで精いっぱいなのに、△△ちゃんは偉いなぁと、いつも思っていました。

社会人になってからお互い忙しく、会う機会も減ってしまいましたが、誕生日をちゃんと覚えていてくれて毎年連絡をくれる△△ちゃん、そんな優しくてしっかりものの△△ちゃんなのできっと素敵な家庭を築かれることと思います。
□□さん、△△ちゃんのことをどうぞよろしくお願いします。

おふたりの末永いお幸せを心より願い、私のスピーチとさせていただきます」

結婚式:友人のスピーチ例文⑨

「○○さん、△△さん、このたびはご結婚おめでとうございます。両家のご家族やご親族の皆さまにも、心よりお喜び申し上げます。
私はただ今ご紹介にあずかりました、△△さんの会社の同僚、●●と申します。
はなはだ僭越(せんえつ)ではございますが、ひと言ごあいさつさせていただきます。

△△さんとの出会いは4年前、△△さんが新入社員として私どもの部署に配属になり、私が教育係になりました。
初めて会った日、緊張しながらあいさつをしていた姿を今でもよく覚えています。
音楽の趣味が一緒だったこともあり、すぐに仕事を超えて仲良くなりましたね。
プライベートでは一緒にフェスに行ったり、キャンプをしたり、一人っ子の私は妹ができたようでとても嬉しかったです。

一度会社で大きなトラブルがあったときのことを覚えていますか?
どうしても防ぎようのなかったトラブルに悔しくて涙を流した私を、△△ちゃんは「大丈夫です!何とかしましょう!」と励ましてくれましたね。
その時は△△さんのひと言に救われて、何とか事を収めることができました。
妹のように思っていた△△さんを頼もしく感じた瞬間でした。

いつも話に聞いていた〇〇さんとの結婚が決まったと聞いたとき、私は自分のことのように嬉しかったです。
△△さん、大好きな〇〇さんと結婚できてよかったね。
〇〇さん、私の妹を、どうぞよろしくお願いします。
今後は家族ぐるみのお付き合いができることを楽しみにしています。

おふたりの末永いお幸せを願って、私のスピーチとさせていただきます」

結婚式:友人のスピーチ例文⑩

○○さん、△△さん、ご結婚誠におめでとうございます。

また、ご両家並びにご親族の皆様におかれましても、心よりお祝い申し上げます。ただいまご紹介頂きました、新郎○○さんと小学校時代からの友人、□□と申します。本日は僭越ながら○○さんの友人として、お祝いの言葉を述べさせていただきます。○○君との思い出は、数えきれないほどあります。家が近所だったこともあり、物心ついた時から一緒にいた気がします。

小学校時代の○○君は運動神経がとてもよく、足も速かったので体育の時間や運動会ではいつも黄色い声援を浴びていて、僕は彼を羨ましく思っていました。ただ彼の素晴らしいところは、運動神経の良さだけではありません。そう、皆さんお気づきの通り、このスーパースマイルです。彼は周囲の人を安心させる太陽のようなスマイルと海のように広い心を持っています。

一緒に所属していた少年野球チームで夏合宿に行った時、僕は焼けるような暑さと厳しい練習にバテてしまい、食欲もありませんでした。

そんな僕とは対照的に、○○君は満面の笑みでご飯をたいらげ、「その唐揚げいらないならちょうだい」と、スーパースマイル。いくらキツイ練習でも笑顔でチームメートを励ましていました。

また、中学2年生の時に行った沖縄修学旅行の事を覚えていますか。僕は幼さ故、禁止されていたのにゲーム機をこっそり持ち込み、おまけに消灯時間が過ぎても、○○君を誘ってゲームで遊んでいました。

それが先生に見つかり、せっかく沖縄に来たにも関わらず、翌日は海で遊べず反省文を書く羽目になってしまいました。僕はみんなと海で遊びたくて苛立っていたけど、○○君は隣で楽しそうに反省文を書いていたのを覚えています。

僕のせいで巻き込んでしまったのに、怒りもせず、「クーラーサイコー」と言っていましたね。僕は中学生ながらに、なんて心が広い奴なんだ、と思ったのを覚えています。

それから大人になっても、地元に戻ってきた時は○○君としょっちゅう会っていますが、その大らかさは全く変わりません。心だけでなく、体も少し大らかになってきたのを心配していますが、△△さんの作るご飯が美味しすぎるんだろうな、と微笑ましく思っています。

△△さん、○○君は本当に信頼できる僕の自慢の親友です。時には意見がぶつかる事もあるかもしれませんが、安心してください。

○○君は僕が知る限り、日本一心が広い男です。心優しい○○君と△△さんならきっと素敵な家庭を築いていかれる事と思います。

お二人の末永い幸せを心より願っております。

つたないスピーチでしたが、お祝いの言葉と変えさせていただきます。

本日は誠におめでとうございます。

結婚式:友人のスピーチ例文⑪

○○君、△△さん、本日は誠におめでとうございます。

またご両家並びにご親族の皆様にも心よりお祝い申し上げます。

本日はこのような素敵な披露宴にお招き頂き誠にありがとうございます。

私は新郎○○君と同じ職場で働く、□□と申します。

○○君とは入社以来5年のお付き合いになります。

入社当時の新入社員研修では、まだ学生気分が抜けない同期も多い中、○○君は率先して班のリーダーを務めたり、課題が追い付かない同期をフォローしたりと、当時から責任感が強かったように思います。

それから同じ部署に配属になり、プロジェクトに一緒に取り組む事も増えてきました。

頭の回転が速く、色々なアイディアを持っている○○君を、僕は心から尊敬しています。

しかし同期入社ということもあり、自分も負けないように頑張らないと、と僕は密かにライバル心を燃やしていました。

しかし今日、素敵な△△さんに初めてお目にかかり、なんて素敵な方なんだと、僕は完全に負けを認めざるをえませんでした。

彼女もいない僕は、これからより一層仕事に精を出し、○○君に負けない実績を積みたいと企んでいます。(新郎の方を見て)どうかこれからも良きライバルとしてお互いに高め合っていこう。

そして僕はプロジェクトがひと段落した後で、○○君とよく行く赤ちょうちんでのひと時が大好きです。

時には熱く仕事の事を語ったり、お互いの昔話をしたり…。

僕に初めて結婚の報告をしてくれたのもいつもの赤ちょうちんでしたね。

あの時間が無くなってしまうのかと思うと、僕はとても寂しく泣いてしまいそうなので、△△さん、たまには○○君を貸してくださいね。

たまに帰りが遅くなっても怒らないであげてください。

最愛の伴侶に巡り合えたお二人を本当に羨ましく思います。

どうかこれからも僕をさらに羨ましがらせるお二人でいてください。

そして温かく笑顔あふれる家庭を築いていってください。

簡単ではありますが、これをもちましてお二人へのお祝いの言葉とさせて頂きます。

本日は誠におめでとうございます。

ありがとうございました。

結婚式:友人のスピーチ例文⑫

(新郎)君(新婦)さん、ご結婚おめでとうございます。

ご両家並びにご親族の皆様には、心よりお慶び申し上げます。ただ今ご紹介いただきました、(新郎)君の友人で(名前)と申します。

(新郎)くんとは、高校1年のとき、同じクラスになりました。親しく話をするようになったのは、航行に入って初めて迎えたレクリエーション遠足のときです。

4月の終わり、帰りのバスの中で雑談をしている中で、(新郎)君から「(名前)君、今度のお休みも一緒に遊ぼう」と声をかけてくれたのです。

人見知りするところがあり友達が少なかった私は突然の誘いにびっくりしたものの、その言葉をとても嬉しく思いました。それ以来クラスが変わっても、(新郎)君は私の一番の友だちで、困ったときはいつも手を貸してくれました。

そんな(新郎)君はいつも笑顔で優しく、周りの人を安心させる穏やかさを持っている素敵な男性です。そんな彼は頼りにされるとつい頑張りすぎてしまうところがあって、その優しさから疲れてしまう事もあるのを昔から知っています。

(新婦)さん、(新郎)君が頑張りすぎているときはぜひ気づいてあげて、そして全力で支えてあげてください。お二人でより明るく楽しい家庭を築いて、周りもハッピーにしてください。

お二人の幸せを心から願い、私のお祝いの言葉に代えさせていただきます。
本日は本当におめでとうございます。

結婚式:友人のスピーチ例文⑬

(新郎)さん、(新婦)ちゃん、本日はご結婚おめでとうございます。ご両家の皆様にも心からお祝い申し上げます。

ただ今ご紹介にあずかりました、新婦の友人代表を務めさせていただきます(名前)です。

(新婦)ちゃんは二人姉妹の長女で、世話好きでよく気の回る人です。小学生の頃からお父さんやお母さんに代わって妹の面倒をしっかり見ていた、思いやりのある子でした。

昔から家族思いで気が利く(新婦)ちゃん。そんな彼女は誰よりも良いお嫁さんになると思っていました。

(新婦)ちゃんとは中学時代からの付き合いになります。毎日学校の行き帰りが一緒で、本当にいろいろな話をしました。

優柔不断ですぐ思い悩むところがあった私を、(新婦)ちゃんは「こうしたらいいんじゃない?」といろんなアドバイスをくれながら、いつも引っ張ってくれていました。

(新郎)さんとは、(新婦)ちゃんが大学に入って暫くしてから紹介してもらいました。(新郎)さんは心が広くユーモアのある人で、(新婦)ちゃんは一緒にいると楽しい、といつも感じているようでした。

(新婦)ちゃんはいつも人のために動いてしまっては疲れてしまうところがある子でした。そんな(新婦)ちゃんを、優しく心の広い(新郎)さんだからこそ今日まで支えてこれたんだな、と思っています。

優しくて気が回るからこそ、つい頑張りすぎてしまう(新婦)ちゃん。そんな(新婦)ちゃんをどうかこれからも大切にしてあげてください。

温かい家庭を築いていつまでも幸せな夫婦でいてくれるよう、二人の幸せをお祈り致します。つたない話ではございましたが、これをご結婚のお祝いの言葉とさせていただきます。

(新郎)さん(新婦)ちゃん。どうぞ、末永くお幸せに。

結婚式:友人のスピーチ例文⑭

ただいまご紹介に預かりました、新婦の友人□□です。私は彼女とは学生時代を一緒にすごし、卒業後もずっと仲良くさせていただいています。

人前で話すのがあまり得意ではないので、今日は◯◯さんに手紙を書いてまいりました。失礼ながら、この場で読ませていただくことをお許しください。

新郎◯◯さん、新婦◯◯さん、本日はご結婚誠におめでとうございます。また、ご両家のご親族のみなさまへもお祝いを申し上げます。

新婦○○さんのことをいつも◯◯ちゃんと呼んでいるので、今日はこの呼び方とさせていただきますね。◯◯ちゃんとは、学生の頃からなんだか気を使わない関係で、一緒に遊んだり、旅行に行ったりと、いろんな楽しい思い出があるよね。

でも、結婚式のスピーチで話したいことを考えた時、一番に浮かんだのは、卒業して社会人になってからのことだったよ。社会人生活は、楽しいことばかりではなくて、大変なこともありました。

特に私は慣れない一人暮らしも重なって、よく◯◯ちゃんに電話してたね。

その時、「□□ちゃんなら大丈夫!一緒にがんばろうよ」といつも励ましてくれたこと、覚えてる?
社会人1年目で不安だったのは、きっとお互い様だったのに、いつも私の話を聞いて励ましてくれたよね。
あの時の◯◯ちゃんの優しさに、今でもすごく感謝してます。

「結婚することになったよ」と報告してくれた時、○○ちゃんならきっと旦那様をサポートする優しい奥さんになるだろうなと思いました。

今日のこの良き日に参列することができ、友人としてとても嬉しく思います。
これからも、おふたりの末長い幸せを願っています!

結婚式:友人のスピーチ例文⑮

▲▲さん、〇〇さん、この度はご結婚おめでとうございます。
ご両家並びにご親族の皆様には、心よりお慶び申し上げます。
ただいまご紹介に預かりました、新婦友人の●●と申します。

このような素晴らしい結婚式にお招きいただき、お二人をお祝いできてとても嬉しく思います。
新婦のことは普段〇〇ちゃんと呼んでいるので、本日もそう呼ばせていただくことをお許しください。

〇〇ちゃんとは、中学校で知り合い、15年の付き合いになります。毎日一緒に登校して、放課後や休日にも、たくさん一緒に遊んだ仲です。
〇〇ちゃんはその当時からしっかりしていて、いつも悩み事を聞いてくれる、私にとって頼りになるお姉さんの的な存在でした。
別々の高校に進み、会う頻度は減ってしまいましたが、それでも夏休みには泊まりに行ったり、お互いが困っているときには励まし合うことができる、良い関係が続いています。

私が仕事で悩んだときには、遠くから一時間かけて車で会いに来てくれ、「大丈夫?」と心配してくれました。溜め込み、誰かに相談することが苦手な私を気遣い、じっくり話を聞き、時には一緒に涙を流しながら励ましてもらったことは一度ではありません。

その時に救われたこと、その心強さは、今でも決して忘れられません。そんな頼りになる〇〇ちゃんはいつも前向きで、私の憧れの存在でもあります。

▲▲さん、いつも人に頼りにされる〇〇ちゃんが、安心して頼れるように、側で支えてあげて下さい。
そして2人で明るく、笑顔あふれる素敵な家庭を築いてほしいと思います。

大変つたない話ではございましたが、ご結婚のお祝いの言葉とさせて頂きます。
本日は、本当におめでとうございます。

結婚式:友人のスピーチ例文⑯

▲▲さん、〇〇さん、この度はご結婚おめでとうございます。
ご両家並びにご親族の皆さま、心よりお慶び申し上げます。
ただいまご紹介に預かりました、新郎友人の●●と申します。

本日はおめでたい席にお招き頂きありがとうございます。
○○くんとは、会社の同期です。出会った頃から○○くんは中心的な存在で、ムードメーカーの明るい人でした。
誰かが仕事で悩んでいたり、落ち込んでいるのを見つければ、すぐにご飯に誘い、一緒に解決しようとしてくれます。やさしくて、同期からだけではなく先輩や後輩からも信頼を得ている、男性から見てもとてもかっこいい存在です。

そんな〇〇くんは、誰よりも努力家でもあります。帰宅後も仕事に役立つ〇〇の資格取得のために勉強をしていたのを知って以来、本当にこの仕事が好きで頑張っているんだなと、改めて尊敬の気持ちを抱いていました。

▲▲さん、○○くんはちょっと無理をして頑張ってしまうところがあります。そんなときには、その温かい笑顔で○○くんを癒してあげて下さい。
そして明るく、笑顔で溢れる素敵な家庭を築いていって下さい。

大変つたない話ではございましたが、ご結婚のお祝いの言葉とさせて頂きます。
本日は、本当におめでとうございます。

結婚式:友人のスピーチ例文⑰

〇〇へ

結婚、本当におめでとう。初めて〇〇と出会ってから、あっという間に10年が経ちましたね。

〇〇と出会ったのは、バレエ教室だったね。学校は別々だったけど、レッスンが忙しかったから一緒にいる時間が学校の友人よりも長く、一緒に頑張ってきました。
仲良くなってからは、レッスンがない日にも遊びに行ったね。カラオケに行ったり、お互いの家でお泊り会をしたり、〇〇といるのが居心地がよくて、楽しい思い出がたくさんあります。

特に印象深いのは、私がうまく踊れなくて、もう辞めたいと泣いた16歳のときのこと。〇〇が「いま辞めたら後悔するんじゃない? 私は一生懸命頑張ってきた●●のことずっと見てきたよ。大丈夫、最後まで一緒に頑張ろう!」と励ましてくれました。〇〇の前向きな言葉のおかげで自信がわき、バレエを続けられた経験は、いま私の財産です。

そんないつでも人のことを温かく見守ってくれる〇〇のことだから、明るく楽しい家庭になると思います。

初めて新郎の▲▲さんを紹介してくれたとき、○○の幸せそうな様子と結婚を視野に入れたお付き合いと聞いて、自分のことのように嬉しかったです。▲▲さんが本当に優しそうな素敵な人で、さらに嬉しく思いました。

これから新しい生活がスタートして環境は変わるけれど、私はずっと〇〇のこと応援しているし、ずっと親友です。
また旅行に行ったり美味しいものを食べに行ったり、女子トークで盛り上がろうね!

▲▲さんといつまでもお幸せに。

〇〇年〇月〇日〇〇より

結婚式:友人のスピーチ例文⑱

「◯◯さん、◯◯さん、ご結婚おめでとうございます。並びにご両家の皆様、本日は誠におめでとうございます。こんなに素晴らしい結婚式で二人をお祝いすることができて、とても嬉しく思います。

ただいま司会よりご紹介いただきました、新婦友人の◯◯です。

誠に僭越(せんえつ)ではございますが、お祝いの言葉を述べさせていただきます。

◯◯さんとは、小学校の頃同じクラスになりました。その頃から◯◯さんはいつもクラスのムードメーカーで、思いやりがあって優しく、女子からも男子からもとても人気者でした。

隣の席になった事ですぐに仲良くなり、それから高校まで、登下校も部活も塾も週末もほぼ一緒にいるくらいの仲良しでした。

ただ、中学校から高校3年生まで同じクラスになれなず、高校3年生の時についに同じクラスになり、二人でお互いの教室に走って、廊下で会い、スライディングする勢いで喜び騒いだ事は一生の思い出です。

◯◯さんが、東京の大学に進学し、ついに離れ離れになってしまいましたが、何かあるたびに1時間2時間の長電話で携帯の料金が高くなり過ぎて、お互い母親に怒られた事もありましたね。

◯◯(新郎)さんを紹介された時は、あまりにも幸せそうな◯◯さんに、私まで嬉しく幸せな気持ちになった事を今でも覚えています。
◯◯(新郎)さんは、とても男気がよく、優しく、とても頼りになる存在ですので、きっと◯◯さんを幸せにしてくれます。

ただ、ひとつ心配ごとは、普段は明るくポジティブでまわりのみんなを幸せにしてくれる彼女ですが、嫌な事があった時、一人で不安を抱え込む事がたまにあります。

〇〇(新郎)さん、〇〇さんには、「何か困ってることはない?心配なことはない?大丈夫?」と定期的に聞いてあげてほしいです。
そして、もし何かあって困ったときは、いつでも私に相談してください。いつでもお二人の味方です。

◯◯さんと◯◯さん、二人ならきっと、あたたかく明るい家庭を築いていけると思います。もし壁にぶつかったときは、いつも力になりたいと思っている友達がいることを忘れないでください。

これをもちまして、お二人へのはなむけの言葉とさせていただきます。ありがとうございました。」

結婚式:友人のスピーチ例文⑲

○○くん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。

ご両家ならびにご親族のみなさまにおかれましても、心からお祝い申し上げます。
また、こんなに楽しく素敵なパーティーにお招きいただきまして誠にありがとうございます。

皆さま、どうぞご着席下さい。
ご指名により、僭越ではございますがひとことご挨拶を述べさせて頂きます。

ただいま、ご紹介に預かりました○○と申します。
新婦の△△さんとは、○○高校の同級生です。
1年生で同じクラスになったのがきっかけで、ずっと仲良くしてもらっています。
僭越ながらスピーチをさせていただくことになりましたが、不慣れのためお祝いの気持ちを手紙にしたためて参りましたので、こちらを読ませていただきます。
○○さんと呼ぶのは何だかくすぐったいので、手紙を読む間はいつものように○○ちゃんと呼ばせて下さい。

○○ちゃんとは高校を卒業してからも、都合が合えばお互いのお家を行き来したりする仲でした。
かれこれ10年の付き合いになります。
私たちの共通の趣味が旅行ということもあり2人であちこちに出掛けました。
本当に楽しい思い出でいっぱいです。

その中でも一番心に残っている初めての海外旅行の話しをさせて頂きます。

私たちは就職をしてから、毎月少しずつ「旅行積み立て」をしていました。
まとまったお金が出来たので、海外旅行に行こう!ということになったんです。
初めての海外なので、治安がよく日本語も通じるハワイを選びました。

初めて見る日本とは違う景色に2人で感動したのを覚えています。
私たちはハワイの海を思いっきり満喫し、夕食の後はショッピングに出掛けました。
その時にハプニングが起きたのです。
可愛いハワイの雑貨や高級ブティックを見て回っていると楽しくて、つい時間を忘れてしまったんです。
気がつくと、夜の9時をとっくに回って10時近くになっていました。
ビックリして急いでホテルへ歩いて行ったのですが、その時ばかりは普段おしゃべりな私たちがひと言も話しをしなかったのを覚えています。

前から歩いてくる外国人がみんな悪い人に見えて怖くて泣きそうになっていた時、○○ちゃんが、「大丈夫だよ!もし、何かあったら、2人で大声で叫んで走ろう!」と手を握ってくれたのです。
私は○○ちゃんのその言葉と手の暖かさにすごく安心しました。
それから私たちは、ずっと手をつないでホテルまで歩きました。
着いた時には、2人とも手が汗でべったりだったよね。
○○ちゃんは、こんな風にいつも自分が辛い時でも人を思いやれる優しい女性なんです。
私は、そんな○○ちゃんの友達でいる事を本当に誇りに思っています。

○○ちゃん、旅行の夜はいつも遅くまで色んな話しをしたよね。
その中に、将来の理想の旦那様について語ったのを覚えてる?
○○ちゃんは、「優しくて頼りがいのある人。そして絶対に顔のかっこいい人」って言ってたよね。
○○くんは、あの時の理想の旦那様ですか?
私が判断する限り・・・・、顔はバッチリ合格だね!
三人で食事をした時、優しく○○ちゃんを見守る○○くんを見て、あの時の理想の旦那様に巡り合えたんだなって安心したんだよ。

○○ちゃん、約束して下さい。
今日の日の気持ちを忘れないこと。
○○くんと幸せな家庭を築いていくこと。
そして私たちは一生の親友だということを。

○○くん、私の大事な親友○○ちゃんを、どうぞよろしくお願いします。
どうぞ幸せにしてあげて下さい。

つたない話ではございましたが、以上をもちましてお二人へのご結婚のお祝いの言葉とさせて頂きます。
御清聴いただきありがとうございました。
本日は、本当におめでとうございます。

結婚式:友人のスピーチ例文⑳

○○(新郎)さん、△△(新婦)さん、本日は誠におめでとうございます。

ご両家ならびにご親族のみなさまにおかれましても、心からお祝い申し上げます。
このような、晴れがましい席にお招きいただき、ありがとうございます。

皆さま、どうぞご着席下さい。

ただ今ご紹介にあずかりました、●●と申します。
僕と○○(新郎)さんはいわゆる幼なじみという関係です。
幼稚園の頃から高校卒業までずっと一緒で、仲良くさせてもらっています。
僭越ながらスピーチをさせていただくことになりましたが、緊張で上手く話せそうもないので、お祝いの気持ちを手紙に書いて参りました。
そちらを読ませていただきたいと思います。
○○さんと呼ぶのはやはり照れるので、手紙を読む間は普段通りの呼び方で呼ばせてもらいます。

○○とは家族ぐるみでキャンプへ行ったり、クリスマスや誕生日など何かイベントがあるたびに一緒に過ごしてきました。
物知りで好奇心旺盛な○○はいつも僕に自分の実体験やたくさんの知識を披露してくれたり、近くの公園でキャッチボールやくだらない話をして盛り上がったりと今では懐かしく良い思い出です。

忘れもしない小学3年生のある休日の事です。
早朝、○○から僕の家へと電話があり、「遊びに行こう」と誘われました。
もちろんいつものように支度をして公園へ行き、告げられたのは「電車に乗って隣の県まで行こう」とのお誘い。
くまなく調べ上げられた電車の時刻とルートを見せられ安心した僕は、○○と冒険の旅に出ました。

当時小学3年生の僕たちは、二人だけでどこかへ行ったことはありません。
ましてや子供だけで電車に乗ることさえ、初めての体験だったのです。

計画通りに電車を乗り継ぎ、ワクワクが止まらない僕たちは、時間を忘れてどこまでも行きました。
途中でお昼ご飯を買って、乗り継ぐために降りた駅の周りを少し歩いたりもしました。
「自分達だけでなんでもできる!してやるんだ!」と、僕たち二人に怖いものはなにもありませんでした。

日も暮れ始め、さて帰るぞ、という時。
1日中電車に乗り、楽しさと疲れで異様なテンションの僕たちは、見覚えのある制服を着た大人から声を掛けられたのです。
そう、お察しの通り警察官です。
そんな時にでも、こんなに近くで警察官を見るのが初めてな僕たちは、違う意味でも興奮したのを覚えています。
自分達の親に何も言わずに出かけてきた僕たちは、隣の県で無事に保護されました。

帰ってからお互い両親にこっぴどく怒られて、その後しばらく行動を制限されたのも…いい思い出だよね。
いつもいろんなことを提案・計画してくれる○○。
出来ないことは何もない、と僕に思わせてくれる存在です。
これからは○○さんと一緒に、あの時みたいなワクワクするような経験をしていくことでしょう。

△△さん。○○は昔からすごい男です。
時には行き過ぎることもあるけど、計画性と行動力に関して申し分ないです。
○○についていけば、きっとワクワクする人生を送っていけることは、僕が保証します!

兄弟のような存在だと思っていた○○が、僕より先に結婚することで僕は確信しました。
この順番でいくと僕が弟の立場だったようです。
僕も早く相手を見つけるので、また次世代の家族ぐるみの仲を続けていきましょう。

本日このような晴れの場を迎えられましたこと、心よりお祝い申し上げます。
お二人の未来が素晴らしいものであることをお祈りいたします。
つたない話ではございましたが、以上をもちましてお二人へのご結婚のお祝いの言葉とさせて頂きます。

【プロポーズの言葉】プロポーズの台詞:人気ランキングプロポーズの言葉:一生幸せにします!おじいちゃんとおばあちゃんになっても、ずっと一緒にいようね!僕と同じ苗字になってくれませんか。これからも、ずっと僕の隣にいてください。僕には君しかいない。結婚しよう。結婚してください。そしたら、僕が毎朝お味噌汁をつくってあげるよ!...
嬉しかったプロポーズの言葉:先輩花嫁500名の体験談プロポーズの言葉:5つの事例をご紹介します!直球で伝わるのがシンプルな言葉の良いところです。こうやって見てみると、ロマンチックな言葉から気持ちが和むホンワカ系、男らしく頼もしい言葉までタイプは様々です。自分の性格に合った、自然に言えそうな言葉を選んでも良いですし、あえて普段の自分とはギャップのある言葉にしてもOKだと思います。...
逆プロポーズ成功の秘訣!プロポーズのタイミングとサプライズ逆プロポーズ成功の秘訣!プロポーズのタイミングとサプライズ。逆プロポーズは、まずタイミングを見極めることから始めましょう!他にも周囲の人から結婚の話をしてもらうなどして、彼の結婚への気持ちが自然に高まる基礎固めがオススメです...
プロポーズ(花束保存)バラの花束の意味は本数と色で変化本数や、色の組み合わせ、一重か満開かなど、条件によっていろいろな意味を持つバラ。二人にぴったりの意味を見つけて贈れば、彼女もきっと感激してくれます。 ロマンチックなバラのメッセージに想いを乗せて、プロポーズを大成功させましょう!...
プロポーズ:女性から婚約指輪を贈る?オススメ13選逆プロポーズにオススメのプレゼントをご紹介しました。腕時計やネクタイ、アクセサリーなど、身につけるものはいつも貴方のことを思い出してもらえるのでオススメです!どうしてもきめられない時は彼に直接欲しいものを質問したり、一緒に買い物しながら彼の好みを観察するのがオススメです。彼に喜んでもらえそうなプレゼントを用意して逆プロポーズを成功させましょう!...
逆プロポーズのフレーズ集:成功する言葉をご紹介プロポーズの言葉をご紹介。伝わりやすいストレートな言葉から、ほっこりする言葉、グッとくる言葉まで、色々な言葉をご紹介。慎重派の彼にはこの言葉。彼が疲れている時にはこの言葉。彼の性格や状況に合った言葉を考えると成功率がアップします!...
【逆プロポーズ】先輩花嫁の体験談と男性の本音をご紹介!逆プロポーズ成功のポイント:実際に逆プロポーズをした卒花嫁さんの声(エピソード)と、男性側の本音(逆プロポーズアリ・ナシ)をご紹介します。実際に逆プロポーズした人の成功シチュエーションとしては、「日常の中で自然に」のケースが多いようです...
プロポーズ方法(やり方&やること):自宅でする方法プロポーズ花束はかさばりやすいので、サプライズをするなら彼女にバレないよう次のような工夫が必要です。協力してくれる人がいる場合は預けておく。自分一人でプロポーズする場合は隠しておく。自宅でやる方法や仕方についてご紹介します。...
【人気ベスト3】プロポーズの言葉とプレゼントプロポーズのプレゼント:人気ベスト3位をご紹介。アクセサリーや婚約指輪、花束など多くの人は何をプレゼントしているのかをご紹介します!女性たちが本当にほしいプレゼントを、実際にもらった人の意見とともにランキング形式でご紹介します。...
アフターブーケ:結婚式後ブーケをおしゃれに保存【事例50選】アフターブーケとは、前撮りや結婚式で使ったブーケ(花束)を長期的に残せるように保存加工したものを言います。ウェディングブーケは思い出がつまった大切なお花。生花であればそのままにしておくと、いずれ枯れてしまいます。...
残念なプロポーズの言葉:求婚男子の失敗談(7選)残念なプロポーズの言葉:一見、女性が喜んでくれそうなセリフも実は不評・・・ということがあるようです。プロポーズで大切なことは相手に気持ちがきちんと伝わるかどうか。誠意がきちんと伝わる言葉でプロポーズしたいですね。成功することを祈っています!...
プロポーズの文例集(20個)&プロポーズの言葉(100個)プロポーズの言葉:例文(文例)を20本。プロポーズの言葉を100個をご紹介します!愛する人に結婚を申し込むのがプロポーズです。どんな方法でプロポーズをすればいいのか、迷いますよね「手紙」でプロポーズはアリなのか?本記事では、手紙でプロポーズをするメリットや注意点、そして成功のコツをご紹介します!...