ウエディング

【プロポーズ大作戦】プロポーズのタイミングや言葉を徹底解説!

悩んでいる人
悩んでいる人
プロポーズのタイミングや言葉が分からないです。準備が大切って聞くけど、具体的に何をやればいいの?成功談や失敗談も知りたいです。
経験者
経験者
経験者がお答えします!
【アフターブーケとは】結婚式のブーケを一生の想い出に【アフターブーケとは】アフターブーケは、結婚式や挙式のブーケを長期的に残せる形に保存加工したブーケです。幸せの瞬間と共に残すアフターブーケ。アフターブーケのあれこれをお伝えします。ブーケや花束を押し花に。(生花保存加工)...
【花束の保存方法】プロポーズや記念の花束を残す方法【アフターブーケ】プロポーズの花束の保存や保管方法、花束加工保存のポイント。記念の花束を残す方法をご紹介。※持ち込み可能。大切な花束を額に入れて残しておけるって素敵ですよね!結婚式でウェルカムスペースに飾る新郎新婦もいます!プロポーズの立体加工についてお伝えします。...

 

本記事の内容

●プロポーズのタイミング

●プロポーズの言葉

●プロポーズをする場所

等を、成功談や失敗談を含めてお伝えします!

●プロポーズの花束保存:オススメのアトリエはこちらです!

【オススメ!】プロポーズ関連記事はこちらです!

Contents
  1. 【徹底解説】プロポーズのタイミング
  2. 【徹底解説】プロポーズの言葉
  3. 大切なあの人の記憶に残るプロポーズをしよう
  4. 成功のポイント!プロポーズは夜景とおしゃれなレストラン
  5. プロポーズに適したレストランとは
  6. 【徹底解説】プロポーズには何が必要?やっておくべき準備
  7. プロポーズの日って何?実行すべきタイミングやポイントとは?
  8. プロポーズのプランを考える!タイミングやプレゼントはどうすべき?
  9. 体験談から学ぶ!みんなの理想のプロポーズとは

【徹底解説】プロポーズのタイミング

悩んでいる人
悩んでいる人
プロポーズのタイミングって、どうすれば良いんだろ?“いつ”が良いんだろ・・・
経験者
経験者
いざプロポーズ(propose)するときに迷うのが、想いを伝える「タイミング」だと思います。プロポーズ(propose)のタイミングはお2人にとって忘れることのできない思い出に残る記念になる日になるため、かなり悩むことだと思います。

タイミングの選び方はそれぞれですが、人気のタイミングがいくつかあります。ここでは、よく選ばれるオススメのプロポーズのタイミングを、それぞれの利点とともにご紹介します。

オススメのプロポーズのタイミング:お2人の記念になる日

経験者
経験者
プロポーズのタイミングとしてわかりやすく、お2人の思い入れもある日が「記念になる日」です。

お2人が出会った日や付き合った日、初めてデートした日など、お2人だけの思い出がつまった記念になる日はプロポーズのタイミングに選ばれることが多いです。記念になる日なら、一緒に過ごしたり出かけたりが自然とできます。そのため、プロポーズの流れを自然と作りやすいという利点があります。付き合いが長いカップルの場合は、彼女が「そろそろかな?」と期待をしている場合もあるかもしれません。付き合った記念になる日が、プロポーズによって新しい記念になる日として上書きされるというのも、特別感が増した素敵な演出になります。

オススメのプロポーズのタイミング:彼女の誕生日

経験者
経験者
「彼女の誕生日」は、サプライズのプロポーズを演出するのにオススメの日。

誕生日祝いの名目で、おしゃれなレストランを予約したり、旅行を計画したりするなど、あなた主導でプロポーズのきっかけがつくりやすいためです。「誕生日をお祝いしてもらえるのかな」と思ってやってきた彼女に対し、もうひとつのプレゼントとしてプロポーズを贈るというのも素敵ですね。お祝い事が2つ重なることで彼女の思い出により深く刻まれます。数年後に「〇歳の誕生日にプロポーズしてくれた」と、一緒に思い出すのもロマンチックです。

オススメのプロポーズのタイミング:クリスマス

経験者
経験者
聖なる夜である「クリスマス」のプロポーズも、雰囲気がよくロマンチックでオススメです。

クリスマスイブは夜まで共に過ごす予定のカップルも多いため、プロポーズが終わった後の時間も一緒に過ごせるのもポイントのひとつです。また、街がイルミネーションで綺麗に彩られたり、レストランやカフェにもスペシャルディナーの用意があったりと、特別な日を演出しやすいという利点もあります。多くのカップルが聖なる夜に結ばれてきました。

オススメのプロポーズのタイミング:バレンタインやホワイトデー

経験者
経験者
恋人の日である「バレンタインデー」や「ホワイトデー」もプロポーズのタイミングにオススメです。

特にバレンタインデーは、女性から男性にチョコレートを渡す習慣があるため、彼女には彼から何かをもらえるという期待がありません。油断している彼女に対してプロポーズのプレゼントがあれば、予期せぬ喜びから忘れられない日になること間違いなしです。またクリスマスと同様に、レストランなどで特別ディナーが用意されている場合も多く、ロマンチックな演出がしやすい日でもあります。

オススメのプロポーズのタイミング:大晦日や元旦

経験者
経験者
大晦日や元旦は、人生の節目としてわかりやすくオススメです。

新しい年を迎えるとともに、お2人の気持ちをひとつに新しい生活をスタートさせるというのも粋ですね。一緒に年越しをして新たな年を迎える瞬間にプロポーズをすれば、彼女の思い出に残ること間違いなしです。海外では年越しの瞬間に花火をあげる習慣のある地域もあるため、そうした特別な演出のある場所でプロポーズするのも記憶に残って素敵ですね。家族公認であれば、そのまま両家にご挨拶をするという流れもありかもしれません。

●プロポーズの花束保存:オススメのアトリエはこちらです!

プロポーズのタイミング:まとめ

イベントに合わせたプロポーズを計画する場合は、レストランの予約など場所の確保も早めに行いましょう。クリスマスやバレンタインデーなど人気のタイミングは、素敵なお店や特別な席は早々に予約で埋まってしまう可能性が高いです。

ただし、実はあえて特別な記念になる日ではない普通の日を選んでプロポーズをする人も多いようです。「なんでもない日が新しい記念になる日になる」というのもとても素敵な演出です。他にも綿密な計画を立てていたのに、気持ちが高まったために、勢いで普通の日にプロポーズしてしまったという人もいるようです。お2人の思い出に残るプロポーズになるように、タイミング選びは慎重に行いましょう。

【アフターブーケとは】結婚式のブーケを一生の想い出に【アフターブーケとは】アフターブーケは、結婚式や挙式のブーケを長期的に残せる形に保存加工したブーケです。幸せの瞬間と共に残すアフターブーケ。アフターブーケのあれこれをお伝えします。ブーケや花束を押し花に。(生花保存加工)...
【花束の保存方法】プロポーズや記念の花束を残す方法【アフターブーケ】プロポーズの花束の保存や保管方法、花束加工保存のポイント。記念の花束を残す方法をご紹介。※持ち込み可能。大切な花束を額に入れて残しておけるって素敵ですよね!結婚式でウェルカムスペースに飾る新郎新婦もいます!プロポーズの立体加工についてお伝えします。...

【徹底解説】プロポーズの言葉

経験者
経験者
プロポーズを成功に導くために、ビシッと決めたいのが「プロポーズの言葉」です。

それはお2人の心に一生残り続ける特別な言葉で、結婚して何十年たっても忘れないという夫婦もいるくらい思い出に残る大切な言葉になります。特に女性は、昔からプロポーズの言葉に憧れや期待を抱いているという人も少なくありません。それだけ大切な一言をしっかりと決めるために、ここではオススメのプロポーズの言葉を厳選してご紹介します。大切な人の心に残る言葉を選ぶために、ぜひ参考にしてください。

●プロポーズの花束保存:オススメのアトリエはこちらです!

プロポーズの言葉:「結婚してください。愛しています。」

経験者
経験者
シンプルイズベストです。

とにかく一番伝えたい「結婚して欲しい気持ち」だけを、飾らずにストレートに伝える言葉です。ストレートな言葉だけ伝えられても、女性は嬉しいものです。意外と女性は、着飾った言葉よりもシンプルな言葉を求めているかもしれません。近い言葉としては「一緒になろう」なども、グッとくる言葉でしょう。

プロポーズの言葉:「僕の家族として、ずっとそばにいてください。」

経験者
経験者
結婚というイベントだけでなく、その先まで見据えた素敵な言葉です。

結婚は大切なイベントですが、その先にお2人の家族としての新しい生活が長く広がっています。これから先のお2人の未来まで考えていることが伝わるこの言葉は、あなたのプロポーズを受けることへの安心感につながるでしょう。ともに未来を歩んで行く気持ちをお互いに確認できるプロポーズの言葉も、とても素敵です。

相手との関係性によっては「毎日味噌汁を作ってほしい」「同じ苗字で生きて行こう」といったような言葉も、未来を見据えたプロポーズの言葉としてはよいかもしれません。

プロポーズの言葉:「世界で一番幸せにする。」

経験者
経験者
世界で一番という言葉に彼の強い愛がこめられていて、ストレートに胸に伝わって来る言葉ですね。

「他の誰でもなく、あなたのことを幸せにする」という強い決意が感じられるので、彼女も安心してあなたとの結婚を受け入れられるでしょう。

ただし気をつけたいのは、決して上から目線にならないようにすることです。似たような言葉でも「幸せにしてやる」といった押し付けがましい言葉だと嫌がられることも多く、プロポーズの雰囲気を壊してしまう可能性もあります。

プロポーズの言葉:「一生かけて守ります!結婚しよう。」

経験者
経験者
まるで騎士のような素敵な言葉ですね。

彼女を大切にしたい気持ちへの覚悟がにじみでている強いプロポーズの言葉です。一生という言葉には遠い将来までも約束する強い意志が感じられ、彼女も「この人なら私のことを守ってくれそう」と安心してあなたと婚約することができます。一生忘れられない素敵な言葉として、彼女の心に刻まれること間違いないでしょう。甘えん坊な彼女の心には特に響く言葉かもしれません。

プロポーズの言葉:「僕のお嫁さんになってくれますか?」

経験者
経験者
問いかけ形式のこの言葉は、彼の謙虚な気持ちの表れかもしれません。

自分に自信はないけれど、あなたと結婚したいという謙虚だけれど強い意志が感じられます。この言葉を投げかけられると、つい彼女の方があなたを「守ってあげなきゃ!」と感じるかもしれません。女性の母性本能をくすぐる言葉です。

ただし、相手によっては歯切れの悪い疑問形を嫌う場合もあるので注意が必要です。また「そろそろお嫁さんになる?」「とりあえずお嫁さんになる?」といったように、仕方ないニュアンスが含まれる言葉も避けましょう。照れくさい気持ちから出てくる言葉かもしれませんが、彼女に失望される可能性もあります。

プロポーズの言葉:まとめ

あなたにとって大切な人が言われて喜ぶ言葉を、ぜひ彼女の立場になって考えてみましょう。案外、彼女が求めている理想の言葉は、短くわかりやすい言葉なのかもしれません。

また、プロポーズの言葉を考えるときには、彼女への想いの丈をとにかく書き出してみるのもオススメです。考えれば考えるほど伝えたい言葉が溢れて、プロポーズの言葉が長くなってしまうかもしれません。ただし、あまりに長くて回りくどい言葉の場合、せっかくの雰囲気を損ねてしまう可能性もあります。伝えたい気持ちがまとまりきらない場合は、最終的にはプロポーズの言葉は短くまとめ、想いの丈は余すところなくお手紙に記して渡すのもオススメです。あなたの溢れる想いもお手紙なら、ずっと形として残しておくことができます。プロポーズの言葉で感動し、後でお手紙を読んで更に感動するという演出も素敵です。

しっかり準備していても、いざ伝えるときは緊張してしまうものです。あまり飾ろうとせず、素の自分をぶつけることができれば、あなたの気持ちはきっと大切なあの人に届くでしょう。

【アフターブーケとは】結婚式のブーケを一生の想い出に【アフターブーケとは】アフターブーケは、結婚式や挙式のブーケを長期的に残せる形に保存加工したブーケです。幸せの瞬間と共に残すアフターブーケ。アフターブーケのあれこれをお伝えします。ブーケや花束を押し花に。(生花保存加工)...

大切なあの人の記憶に残るプロポーズをしよう

一生に一度のプロポーズに向けて、やるべき準備が意外と多いと思った人もいるかもしれません。

事前にどれだけ彼女のことを考えて入念に準備できるかが、彼女の思い出に残る素敵なプロポーズになるかどうかを左右します。

プロポーズの準備は大変ではありますが、苦労した分だけ大切な人の記憶に残る素敵なプロポーズというイベント自体をプレゼントすることができます。これから先、共に生きていく大切な人のためにも、しっかりと事前準備をしてプロポーズ当日を迎えましょう。

【花束の保存方法】プロポーズや記念の花束を残す方法【アフターブーケ】プロポーズの花束の保存や保管方法、花束加工保存のポイント。記念の花束を残す方法をご紹介。※持ち込み可能。大切な花束を額に入れて残しておけるって素敵ですよね!結婚式でウェルカムスペースに飾る新郎新婦もいます!プロポーズの立体加工についてお伝えします。...

成功のポイント!プロポーズは夜景とおしゃれなレストラン

経験者
経験者
高級レストランでのサプライズプロポーズは、女性から多くの支持を得ています。

では、レストランでプロポーズを行う際は男性はどんな準備をしたらいいのでしょうか。

今回はレストランでのプロポーズを行う際の準備事項、成功の秘訣、オススメの都内のお店選びの参考サイトなどをご紹介します。実際にレストランでのプロポーズを計画している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

●プロポーズの花束保存:オススメのアトリエはこちらです!

女性に人気!ロマンチックなオシャレなレストラン

女性の皆さんは、プロポーズはこんなシチュエーションでされたい!と理想を持っている方が多いのではないでしょうか。その中でも、レストランでのプロポーズには高い人気があります。それはなぜなのでしょうか。一番の理由は、夜景が見えるおしゃれなレストランの個室でのプロポーズはロマンチックだからという意見が多いようです。

レストランでプロポーズ!何から準備したらいい?

経験者
経験者
では実際レストランでプロポーズを行う際、男性はどのような準備を行えばいいのでしょうか。
以下で詳しく紹介していきます。

プロポーズを行うレストランを吟味し、予約しよう

経験者
経験者
レストランを吟味し、遅くとも1ヶ月前までにはプロポーズを行うレストランを予約しておきましょう。

まず、インターネットや雑誌からプロポーズに合いそうなレストランをいくつかピックアップすることから始めます。その後、必要であれば電話で問い合わせたり、お店の見学をしたりして最終決定しましょう。一面に夜景が見えたり非日常的で上品な内装だったり、ロマンチックな雰囲気のレストランはどこも予約が埋まりやすいため早めに予約することをオススメします。

プロポーズ大作戦!アラカルトか、コースかを選ぼう

経験者
経験者
プロポーズを行うレストランが決まったら、食事はアラカルトにするのかコースにするのか決定しましょう。

プロポーズには、レストランが出す順番や食べ合わせを吟味したコースを選ぶのがオススメです。アラカルトだと、食べ終わるまでの時間が読めなかったり、当日に料理を選ぶという手間もかかりますので、レストランの人に料理提供をおまかせできるコースだと負担が少ないでしょう。

コースは直前予約ができない可能性もありますので、レストランの予約をする際に必ずコースにする旨を伝えましょう。彼女が嫌いな食べ物やアレルギーなどがあれば、合わせて伝えておくとよいでしょう。

プロポーズするタイミングを決めましょう!

経験者
経験者
プロポーズを行うタイミングは、デザートと一緒か、デザートを食べ終わった後がオススメです。

例えば、デザートプレートにプロポーズの文言を書いてもらい、プロポーズと同時に出してもらうのもいいですよね。また、レストランの中には、スタッフさんがプロポーズの演出に協力してくれるサービスを行っているところもありますので、予約時に確認しておきましょう。

婚約指輪、プロポーズ花束などの手配

経験者
経験者
プロポーズと一緒に花束や、婚約指輪を渡したい場合は早めに手配しておきましょう。

ただ、女性の好みに合う婚約指輪を選ぶのは大きなプレッシャーにもなります。

最近では、婚約指輪のデザインに迷っている男性のお客様を知識やスキルを磨いたスタッフが丁寧にサポートしてくれます。

プロポーズをレストランで行う際の成功の秘訣

プロポーズの成功の秘訣は、レストランのスタッフさんを味方につけて積極的に相談をして綿密な準備を行うことです。場合によっては演出に協力してくれる場合もありますので、遠慮せず、事前にお願いしてみましょう。

プロポーズに適したレストランとは

経験者
経験者
プロポーズに適したレストランは具体的にはどういったものなのでしょうか。
以下で見ていきましょう。
【アフターブーケとは】結婚式のブーケを一生の想い出に【アフターブーケとは】アフターブーケは、結婚式や挙式のブーケを長期的に残せる形に保存加工したブーケです。幸せの瞬間と共に残すアフターブーケ。アフターブーケのあれこれをお伝えします。ブーケや花束を押し花に。(生花保存加工)...
【花束の保存方法】プロポーズや記念の花束を残す方法【アフターブーケ】プロポーズの花束の保存や保管方法、花束加工保存のポイント。記念の花束を残す方法をご紹介。※持ち込み可能。大切な花束を額に入れて残しておけるって素敵ですよね!結婚式でウェルカムスペースに飾る新郎新婦もいます!プロポーズの立体加工についてお伝えします。...

プロポーズするなら!夜景がきれい

やはり、綺麗な夜景を見下ろしながらプロポーズをされたいという女性は多いようです。夜景の見えるような高級なレストランは普段行く機会も少ないですし、一生の思い出になること間違いありません。

プロポーズするなら!個室

せっかくのプロポーズも周りのおしゃべりがうるさかったり、店員さんが常に近くに歩き回っているような状態だとロマンチックな雰囲気も冷めてしまいますよね。なので、しっかりとふたりきりの空間を演出できる個室が人気です。

レストランでのプロポーズ:まとめ

レストランでのプロポーズは、多くの女性から支持を得ています。プロポーズをすると決めたら、レストランの予約、婚約指輪やプレゼントの準備、スタッフさんとの打ち合わせなど多くの準備事項がありますが、都内ではレストランプロポーズに協力的なお店も多いので、スタッフさんを味方につけて、積極的に相談をして綿密な準備を行っていきましょう。

個室や夜景が見えるレストランなど、彼女が喜びそうなシチュエーションを考えて、感動的なプロポーズにしましょう。

●プロポーズの花束保存:オススメのアトリエはこちらです!

【徹底解説】プロポーズには何が必要?やっておくべき準備

愛する人に結婚を申し込むときには、ぜひ、相手に自分の気持ちを受け入れてもらいたいものです。そのためには、できる限りの準備をしましょう。素敵なシチュエーションでプロポーズをすれば相手の心も動きやすくなり、二人にとってロマンチックな思い出として長く記憶に残るからです。では、プロポーズをするときにはどのような準備が必要なのでしょうか。具体的な準備について紹介します。

【アフターブーケとは】結婚式のブーケを一生の想い出に【アフターブーケとは】アフターブーケは、結婚式や挙式のブーケを長期的に残せる形に保存加工したブーケです。幸せの瞬間と共に残すアフターブーケ。アフターブーケのあれこれをお伝えします。ブーケや花束を押し花に。(生花保存加工)...

プロポーズする前に欠かせない心の準備

経験者
経験者
結婚は人生の一大事です。何より先に、心の準備から始めましょう。

プロポーズをする前に、まず、自分には「結婚する」というはっきりとした意思があることを確認しておきましょう。少しでも「この人でいいのかな」という迷いがあるときにプロポーズをするのは、自分にとって正直でないばかりか、相手に対しても失礼です。中途半端な気持ちでプロポーズすると、自分だけでなく相手の人生にも暗い影を投げかけることになります。

結婚をすると楽しいこともたくさんありますが、不自由になることや拘束されることも増えてきます。例をあげると、結婚すると独身時代のように、友人と飲み歩いたり、自分の趣味に多額のお金を出費したりすることは難しいでしょう。独身のときには時間もお金も自分のためだけに使うことができたかもしれません。しかし、結婚したら自分のことと同じように、あるいは自分以上に相手のことを思いやって生活しなくてはならなくなります。そのようなときに「結婚するんじゃなかった」と思わなくてすむように、「何があっても、この人と一緒に人生を歩いて行く」という覚悟を決めましょう。

プロポーズをする前にやっておいたほうが良いこと

お互いの両親への挨拶は、プロポーズを済ませたあとで結婚する意思を確認してからのほうがよいのではないかと考える人もいます。たしかに、家族を紹介するのはプロポーズの前にするか後にするか、決まりはありません。しかし、プロポーズをする前に互いに両親や家族を紹介しておくことには、次のような意味があります。

まず、家族を通して相手が成長してきた背景を知ることができ、より深く互いを理解し合えることです。交際中の男女は相手の表面しか見ていないことがあります。しかし家族を知ることで、結婚したあと相手は家庭の中でどのような姿になるのか、想像しやすくなります。家族はどうしても生活習慣などが似てくるものだからです。ですから、相手がどのような家で生活してきて、どのような家族がいるのか、プロポーズの前に見ておくことは大切です。

次に、互いの両親へ紹介することがプロポーズへの準備になるということです。両親に会ってくれる相手は、プロポーズを受け入れてくれる可能性が高いでしょう。プロポーズしても断わられるのではないかと不安を抱いている人にとっては、互いの両親を紹介するということは、ほぼ結婚に同意しているのと同じ意味をもっています。それだけ、交際中の男女にとって「両親へ紹介したい」という言葉は重みがあるのです。

さて、結婚を現実のものとして考えたとき、少しでも胸に不安がよぎったとしたら、その原因をなくしておく必要があります。不安材料として例を挙げるとすれば、たとえば「金銭問題」です。たとえば、もし借金があるのなら、可能な限り返済しておきましょう。すぐに返済することが無理なら、返済計画を立てて早めの返済を目指すべきです。また、結婚生活を継続させるには、安定した収入があることは必須条件です。二人の収入が不安定であるなら、新しい仕事を探す、副業を始めるなど、生活を安定させるための手段を講じましょう。

具体的なプランや場所を考える

プロポーズをする場所やシチュエーションを考えましょう。「夜景を見ながら」「車の中で」「レストランで」など、落ち着いて話せる場所が適しています。その際は、相手がどのようなプロポーズを望んでいるかを考えると、効果的なプロポーズにつなげることができます。日ごろからイベントやサプライズが好きな人なら、特別な雰囲気のある場所が好まれます。堅実な生活を送る傾向の強い相手なら、部屋の中など日常的な雰囲気で自然にプロポーズするとよいでしょう。

プロポーズの場所には、一般的には、静かで美しい、ロマンチックな場所が選ばれることが多いですね。そのほかに、二人が初めて出会った場所や交際してほしいと告げた場所など、思い出の場所でプロポーズしても印象深いものになります。具体的なことが思い浮かばない人は、一部のホテルやレストランで行われているプロポーズプランを利用することを検討してみてはどうでしょうか。

プロポーズの言葉は、あらかじめ考えておくべきです。最初は何気ない会話から始まって、自然に「結婚してください」という言葉が導き出されるように工夫しましょう。たとえば、夜景を見ながら「あの灯の下にはそれぞれの人生があるんだね」とつぶやくと、二人の間に「人生」という言葉が大きく浮かび上がってきます。そのときに「僕と一緒に人生を歩いていきましょう。結婚してください」と続けると、とても自然です。言葉に凝りすぎて気持ちがストレートに伝わらないと困りますから、はっきりと「結婚」という言葉を入れるほうがわかりやすくて良いのです。

プロポーズをするタイミングを考える

プロポーズをするのはいつがいいか、そのタイミングは大切です。まずは、なんらかの記念になる日にするか、それとも特別な記念になる日などではない普通の日にするか決めましょう。「記念になる日」というのは、相手の誕生日、クリスマス、二人が交際を始めた日など、記憶に残る日のことです。記念になる日にプロポーズすると、「あとあとまでこの日を忘れずに大切にする」という決意表明になります。クリスマスやバレンタインデーなど、世の中や恋人たちが浮き立つようなイベントの日は、プロポーズにも弾みがつくという利点があります。

しかし、プロポーズしたいと心に決めたときが記念になる日と重なるとは限りません。記念になる日に合わせるためにプロポーズを無理やり引き延ばすくらいなら、むしろ、何でもない日にプロポーズするほうが自然です。そして、プロポーズした日を二人の新しい記念になる日にすればいいのです。

プロポーズに必要なプレゼントを考える

プロポーズの言葉とともに手渡すプレゼントを準備しましょう。婚約指輪が手渡されることが多いのですが、通常、婚約指輪は結納までに準備すればいいので、プロポーズのときには絶対に必要というわけではありません。婚約指輪は自分の好みのデザインのものがほしいと思う女性もいますし、相手の指輪のサイズがわからないこともありますから、プロポーズのときにはあえて指輪をプレゼントせずに、たとえば、指輪以外のアクセサリーや花束などを贈る人もたくさんいます。

プロポーズのときに受け取るプレゼントは印象に残りますから、相手の好きな品物を選びたいものです。そのためには、日ごろから相手の好みについてある程度把握しておく必要があります。相手が好きな色、好きなブランドなどを気つけて見ておくとよいでしょう。婚約指輪は婚約が成立してから、二人で仲良く選びましょう。

プロポーズを成功させるために準備を徹底しよう

プロポーズを成功させるためには、失敗のないようにしっかりとプランを立てることが大切です。といっても、難しく考える必要はありません。相手への思いやりを忘れずに、自分の気持ちをストレートに伝えることが一番重要です。相手に喜んでもらえるような時と場所・言葉・プレゼントを選ぶつもりでプロポーズの準備をすればいいのです。結婚したあとでも、ときどき思い出して微笑みたくなるような素晴らしいプロポーズをしましょう。

●プロポーズの花束保存:オススメのアトリエはこちらです!

プロポーズの日って何?実行すべきタイミングやポイントとは?

経験者
経験者
結婚したい人が心に決まっている場合は、いつどんな風に相手にプロポーズをしたらいいかを悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

日本では、プロポーズの日と定められている日があります。プロポーズの日とはどんな日なのでしょうか。また、プロポーズをするタイミングはいつがいいのか、どんなことに気を配ればいいのかを解説します。

●プロポーズの花束保存:オススメのアトリエはこちらです!

ステップ1:プロポーズの日はいつ?どんな日?

日本では、6月の第1日曜日がプロポーズの日と定められています。2018年では6月3日でした。提唱者はブライダルファッションデザイナーであり、全日本ブライダル協会の会長でもある桂由美さんです。1994年に全日本ブライダル協会がこの日をプロポーズの日と制定しました。プロポーズの日は、プロポーズをすることを推奨している日ということではなく、なかなかプロポーズに踏み切ることができない男性の背中を押すきっかけになるようなイベントが企画されたりしています。また、既婚者やプロポーズをされたことのある人に対しては、プロポーズをされたときのことを思い出す日にして欲しいという願いが込められている日でもあります。

6月の花嫁「ジューン・ブライド」は幸せになれる花嫁の象徴として広く知られています。「ジューン」は、ギリシャ神話に登場する女神の「ジュノー(Juno)」が由来です。Junoは6月の守護神とされており、最高神ゼウスの妻でもあります。また、Junoは結婚や出産を司る神でもあるため、そこから転じて「ジューン・ブライド」の言い伝えが広まりました。プロポーズの日が6月に定められたのは、こうした経緯も配慮されています。

ステップ2:女性がされたいプロポーズの日はいつ?

プロポーズの日は、される側にとっても申し込む側にとっても特別な一日となるのは間違いありません。また、クリスマスはカップルにとって1年の中でも大きいイベントのひとつ。街全体が華やかなムードに包まれ、イルミネーションで彩られてロマンチックな雰囲気に溢れています。そんなロマンチックな日にプロポーズをされたら、一生忘れられない記念になるでしょう。

プロポーズをする場所としては、レストランや高級ホテルなどが女性に人気です。レストランやホテルは、相手のために前もって準備をしたという特別感を出すことができます。実際、この時期には各レストランやホテルでクリスマス用のプランが用意されていることも多いので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

つづいて、女性の誕生日も人気がある記念になる日です。誕生日という特別な日にプロポーズをされたら、生まれて出会えた喜びを改めて感じられ、思い出に残る素晴らしい日となるのは間違いないでしょう。また、お2人が初めて付き合った日にプロポーズをする男性も多くなっています。付き合い始めた日はお2人にとって特別な日なので、その日にプロポーズをすると特別感が出せます。また、相手もその日を大切にしてくれているという思いと、プロポーズをされた喜びが重なって、女性にとってもより一層嬉しい日になるでしょう。

一方でこうした特別な日以外にも、未婚女性に意外と人気があるのがなんでもない普通の日です。アンケートによるとクリスマスや誕生日、お2人の記念になる日などを抑えて、普通の日が一番人気になっています。どんなタイミングでも、プロポーズは嬉しいという女性の気持ちが表れているといえるでしょう。

ステップ3:プロポーズをするまでのステップは?

おふたりにとって一生の思い出に残るようなプロポーズをするためには、入念な準備が必要です。まずは、どんなシチュエーションでプロポーズをするのかを具体的に考えましょう。つづいて、ジュエリーショップに出かけて婚約指輪を選び手配します。なお、ジュエリーショップに出かける際には来店予約をするのがオススメです。来店予約をしておけば時間を気にせずに相談することができ、じっくりと指輪を選ぶことができます。

また、婚約指輪には取り寄せたり刻印を入れたりすることも多いため、予約をしてから実際に受け取れるまで1~2カ月ほどかかるのが一般的です。そのため、準備や手配は余裕をもって早めに行いましょう。最近では、プロポーズを行うときに指輪だけでなくプレゼントも一緒に贈る男性が増えています。そのプレゼントを用意したり、女性にどんな言葉をかけるのかを考えたりすることも重要です。そして、すべての準備が整ったら予約したレストランや思い出の場所などでプロポーズしましょう。

ステップ4:絶対にされたくないプロポーズの内容

女性が絶対にされたくないプロポーズのスタイルもいくつかあります。まずは、道端でひざまずくプロポーズです。ドラマなどによく出てくるシチュエーションですが、周りの人の目が気になり恥ずかしいと感じる女性が多くなっています。つづいて、食べ物の中に指輪を入れる方法。こちらもドラマや映画などでは見かけるシーンですが、うっかり気づかずに飲み込んでしまったときが怖い、そもそも衛生的に嫌、という意見が出ています。

また、フラッシュモブでプロポーズをされるのも敬遠される傾向があります。フラッシュモブとは、街中などで突然に仕掛け人が歌やダンスを始めるのをきっかけとして、周りにいる人たちも合わせて歌ったりダンスをしたりします。それが最高潮になったときに、プロポーズを行うというものです。相手の女性は、今までデートしていた男性が急に歌いだしたり踊り出したりするのでびっくりしてしまいます。また、それに合わせて周りの人たちも歌ったり踊ったりするわけですから、何が起こっているのか分からない状態になるでしょう。プロポーズにフラッシュモブを使うことは、周りを巻き込むことや公衆の面前でのプロポーズの恥ずかしさを理由に嫌がる女性が多くなっています。

また、メールやSNSツールでのプロポーズも止めた方がいいでしょう。メールやラインは便利なツールですが、プロポーズの手段としては誠実さに欠け、好まれません。これは、プロポーズの言葉は直接聞きたいという女性の気持ちの表れともいえるでしょう。

ステップ5:女性が本気で喜ぶ理想のプロポーズとは?

プロポーズは一生に一度であることから、シチュエーションにもこだわりたいものです。プロポーズを行うシチュエーションとしてオススメの場所が3つあります。一つ目はテーマパーク。夜になるとイルミネーションが輝きロマンチックな雰囲気になるテーマパークは、プロポーズをするシチュエーションとしては絶好の場所といえるでしょう。テーマパークがお好きなお2人であれば、とくにオススメです。

二つ目は夜景のきれいな場所です。デートスポットとしても人気があり、ロマンチックな雰囲気に溢れている夜景スポットは、プロポーズをするのにうってつけといえます。三つ目は、レストランです。これまでにデートをしたことがある思い出のお店や、予約が取りづらい話題のレストランなどでのプロポーズは、特別感を出すことができます。レストランでは、サプライズ演出をサービスとして行っているところもありますので、相談してみるといいでしょう。

ステップ6:日取りを決めてプロポーズをしよう!

プロポーズは多くの人にとって一生に一度。であればこそ、思い出に残る素敵な日にしたいものです。まずは、いつ行うかを決めましょう。「プロポーズの日」などもありますが、必ずしもそうした日にする必要はありません。相手の誕生日やお2人の記念になる日など、思い出になりそうな日に合わせられるとよいでしょう。婚約指輪の準備には2カ月程度はみておきたいので、時間に余裕を持って手配するのがポイントです。プロポーズを行う場所もしっかりと考え、予約が必要な場合は早めに予約を行うなど、入念に準備を進めたうえでプロポーズをしましょう。

【アフターブーケとは】結婚式のブーケを一生の想い出に【アフターブーケとは】アフターブーケは、結婚式や挙式のブーケを長期的に残せる形に保存加工したブーケです。幸せの瞬間と共に残すアフターブーケ。アフターブーケのあれこれをお伝えします。ブーケや花束を押し花に。(生花保存加工)...

プロポーズのプランを考える!タイミングやプレゼントはどうすべき?

女性の多くはプロポーズされることに対して憧れを抱いています。男性としても好きな女性と結婚したいと考えているのであれば、プロポーズはしっかり言葉にすべきでしょう。その際には具体的なプランについて事前に検討しておくことが欠かせません。この記事ではプロポーズのタイミングやプレゼントなど、具体的なプランについて解説していきます。

その①:プロポーズまでの流れは?

プロポーズまでの流れを確認しておきましょう。まずはプロポーズをするタイミングを決めます。結婚後、プロポーズの日を記念になる日としてお祝いしている人も多いことから、覚えやすい日にプロポーズをするという方法もあります。具体的には、彼女の誕生日やクリスマス、ふたりの記念になる日など、ふたりにとって最も良いタイミングを選ぶようにしましょう。

次に、婚約指輪を選び、購入する準備も進めていきます。プロポーズのタイミングで婚約指輪をプレゼントされることを期待している女性はたくさんいます。婚約指輪は婚約期間中に身につけておくものであるため、彼女の好みのデザインのものを選ぶととても喜ばれます。

プロポーズ当日のプランもしっかりと決めておきましょう。プロポーズをする男性はとても緊張するものです。緊張しすぎてしまうと、プロポーズの言葉が出てこなかったり、考えていた演出ができなかったりするなどのトラブルが起こる恐れがあります。具体的なプランとして、プロポーズをする場所や演出などをあらかじめ計画しておきましょう。

続いて、プロポーズの言葉を考えておくことも重要です。プロポーズの言葉は、多くの女性にとって一生の宝物となります。そのため、彼女が喜ぶようなロマンチックで素敵な言葉を用意して、スマートなプロポーズを演出しましょう。

過度の緊張を回避するためにも、プロポーズ当日の流れを何度もシミュレーションしておき、最高のプロポーズとなるように努めましょう。

その②:プロポーズに適したタイミング

プロポーズに適したタイミングはいくつかあります。そのなかから、ふたりにとって最も良いタイミングを選ぶことが大切です。まず、ふたりの交際記念になる日。付き合い始めた日を重視している女性はたくさんいます。そのため、交際記念になる日にプロポーズをすると、ロマンチックと感じてもらえる可能性が高まるでしょう。

次に、クリスマスやバレンタインデー、ホワイトデーなども、プロポーズに適したタイミングです。特にクリスマスの時期になると、街もきらびやかにイルミネーションされることから、ロマンチックな演出ができます。

また、相手の誕生日も年に一度しかないことから、この日にプロポーズをするという人も多くいます。特に、サプライズでプロポーズをしてみたいと思っている人は、誕生日にプロポーズをすると良いでしょう。誕生日ということで、旅行の計画を立てたり、高級なレストランを予約したりするなどの準備をしていても、相手に気づかれにくいという利点もあります。

さらに、6月の第1日曜日は「プロポーズの日」といわれています。これはジューン・ブライドにちなんで、日本ブライダル協会が制定した日です。「プロポーズをするタイミングがつかめない」などの悩みを抱えている人は、思い切ってプロポーズの日に思いを伝えてみるのも良いでしょう。

ただし、プロポーズの日取りだけにこだわるのではなく、さまざまな身辺の状況にも目を向けておくことが欠かせません。具体的には、収入を安定させたり、借金を整理したりするなど、プロポーズの日までに身辺整理を終えておくことも、ふたりで新たな人生をスタートさせるためには重要なことです。

その③:プロポーズに適した婚約指輪やプレゼント

ふたりにとって大切な記念になる日となるプロポーズでは、彼女が喜ぶような婚約指輪やプレゼントを用意しておきたいものです。まず、婚約指輪は多くの女性の憧れであり、プロポーズの定番とされるアイテムです。婚約指輪を用意するときには好みのデザインをリサーチするなどして、女性に似合うものにすることが大切です。彼女好みのデザインの指輪が見つからない場合は、オーダーメイドで用意するのも素敵です。加えて、指輪はデザインだけでなくサイズも重要であるため、事前にチェックしておきましょう。

また、プロポーズの際には指輪以外のものも併せてプレゼントすると喜ばれます。たとえば、花束やジュエリー、時計などはプロポーズ時のプレゼントの定番です。しかし当然、相手の好みによって喜ばれるプレゼントは異なります。もしかするとたくさんのプレゼントは重要ではないと考えている場合すらあります。そのため、「どうすれば彼女喜んでくれるか」ということをしっかりと考えながら、プロポーズのプレゼントを選びましょう。

その④:プロポーズにオススメの当日のプランは?

プロポーズに適した当日のプランをいくつか把握しておき、女性が喜んでくれるようなプロポーズを実現しましょう。まずは、チャペルを借り切ってのプロポーズ。チャペルはロマンチックな場所というイメージを持っている人が多いため、チャペルでのプロポーズに感動する女性はたくさんいます。

次に、ディナーでシャンパンを片手にプロポーズするというプランも女性に喜ばれます。たとえば、ホテルやレストランなどで高級ディナーを楽しむときに、シャンパンが運ばれてきたら乾杯をしてプロポーズの言葉を贈りましょう。また、ホテルのスイートルームでプロポーズをするのもロマンチックです。スイートルームのベッドにバラの花束をセッティングしてみるなど、演出にもこだわりましょう。

続いて、プロポーズのプランに悩んでいるのであれば、ホテルやレストランが用意しているプロポーズプランを利用してみると良いでしょう。そうしたプランに沿ってプロポーズをすると、感動的なだけでなく、スマートなプロポーズを演出することができます。一生に一度の大切な日に、ロマンチックで贅沢なひとときを過ごしたいと考えている女性はたくさんいるので、プロポーズプランの利用も検討してみましょう。

自分の部屋でくつろいでいるときにプロポーズするという方法もあります。カジュアルなプロポーズを相手が希望している場合には、自分の部屋でプロポーズをするのも喜ばれます。ただし、自分の部屋でプロポーズをする場合は、言葉やプレゼントなどにもしっかりとこだわって、忘れられない瞬間を演出することが大切です。

その⑤:避けたほうが良いプロポーズプラン

プロポーズプランとして避けたほうが良いとされているものには、いくつかのスタイルが挙げられます。まず、居酒屋やファミリーレストランなどムードのない場所でのプロポーズ。これらの場所でプロポーズをされると、ロマンチックではないというだけでなく、居酒屋などでは「お酒の勢いでプロポーズしたのではないか」と相手の女性に思われてしまう恐れさえあります。

次に、指輪だけを渡すプロポーズも避けるべきです。婚約指輪は多くの女性にとっての憧れではありますが、指輪だけを渡されるプロポーズは「心がこもっていない」と誤解を招く可能性があります。普段は口下手であっても、プロポーズの日には心のこもった言葉も併せて贈ることが大切です。

さらに、プレゼントのないプロポーズも避けるのが無難です。プロポーズは気持ちがこもったものであることが欠かせません。しかし、現実の問題として、プロポーズでは多くの女性が何らかのプレゼントを受け取っています。婚約指輪をプレゼントしない場合でも、花束やジュエリーなど、相手が喜びそうなプレゼントを用意しておくことは必須です。

フラッシュモブでのプロポーズは肯定的な意見がある一方で、否定的な意見も見られます。フラッシュモブに対する否定的な意見として、「プロポーズを他の人に見られたくない」や「プロポーズはシンプルなものがいい」などが挙げられます。フラッシュモブでのプロポーズを検討している場合には、相手の女性の好みと合致しているかどうかを確認するようにしましょう。

その⑥:プロポーズに使える言葉は?

プロポーズに使える言葉はたくさんのものがあります。まず、男女両方で使えるプロポーズの言葉には、「結婚してください」や「ずっと一緒にいよう」などが挙げられます。これらの言葉はストレートでありながら、真剣な気持ちもしっかりと伝わります。

次に、男性からプロポーズをする場合は、「僕には君しかいない」や「絶対幸せにするよ」、「僕と同じ苗字になりませんか」などの言葉が適しています。さらに、女性からプロポーズする場合は、「あなたのお嫁さんにしてください」や「仕事も家庭も大事にするからね」、「あなたがいてくれたらそれだけで幸せ」などの言葉が喜ばれます。

その⑦:プロポーズで考えるべきことは沢山ある!

プロポーズをするならタイミングだけではなく、場所や具体的なプラン、プレゼント、言葉などさまざまなことを考えて計画することが大切です。また、プロポーズはふたりにとって忘れられない記念になる日となるため、当日のことをイメージしながら準備を進めていくことをオススメします。しっかりと計画や準備をして、大切なプロポーズを成功させましょう。

【アフターブーケとは】結婚式のブーケを一生の想い出に【アフターブーケとは】アフターブーケは、結婚式や挙式のブーケを長期的に残せる形に保存加工したブーケです。幸せの瞬間と共に残すアフターブーケ。アフターブーケのあれこれをお伝えします。ブーケや花束を押し花に。(生花保存加工)...

体験談から学ぶ!みんなの理想のプロポーズとは

交際している女性との結婚を考えているのなら、避けて通れないのがプロポーズです。素敵な思い出として残るプロポーズができれば最高ですが、残念ながら失敗してしまうケースもあるでしょう。プロポーズを成功させるために、いくつか押さえておきたいポイントがあります。実際にプロポーズをした先輩たちの体験談も参考にして、理想のプロポーズについて考えてみましょう。

●プロポーズの花束保存:オススメのアトリエはこちらです!

プロポーズ成功のポイントとは?

プロポーズが成功するということは、具体的に結婚に向けて動き出すということです。そのため、なによりも「相手が結婚を前向きに考えていること」がプロポーズを成功させるための重要な条件となります。交際を始めて日が浅く、まだ結婚を意識してもいない状態でプロポーズをされても相手は戸惑ってしまうでしょう。「自分だけが舞い上がってプロポーズをしようとしていないか」「相手はどう思っているのか」を落ち着いて考えることが必要です。気持ちを言葉に出してはっきりと伝えるということも、成功のための大切なポイントになります。「長い付き合いだからわかるだろう」と言葉をにごしたり、あいまいな伝え方をしたりしては、伝わるものも伝わらないでしょう。

シチュエーションにも注意する必要があります。たとえば、「女性はサプライズが好きだろう」と思い込み、フラッシュモブをしこんだり大勢の人がいる中で公開プロポーズをしたりする人もいるでしょう。しかし、目立つことが嫌な性格の女性にとっては嫌がられるサプライズになります。居酒屋や定食屋でプロポーズされるのも、ムードが感じられず喜ばれない可能性が高いでしょう。相手が嫌がらないシチュエーション、やり方を考えることが大切です。

【花束の保存方法】プロポーズや記念の花束を残す方法【アフターブーケ】プロポーズの花束の保存や保管方法、花束加工保存のポイント。記念の花束を残す方法をご紹介。※持ち込み可能。大切な花束を額に入れて残しておけるって素敵ですよね!結婚式でウェルカムスペースに飾る新郎新婦もいます!プロポーズの立体加工についてお伝えします。...

女性視点で考える理想のプロポーズとは

理想のプロポーズは女性によって異なりますが、さりげない伝え方は人気があります。たとえば、「どちらかの部屋でゆったりくつろいでいるときに、彼が不意に真剣な表情になり、結婚しようと告げられる」というシチュエーションに憧れる女性は多い傾向です。予想もしなかったタイミングだからこそ、感激も大きくなります。ただし、このときは真摯な態度で気持ちを伝えましょう。日常から非日常へ、きちんと雰囲気を切り替えることが大切です。普段通りのくつろいだ姿勢のままで結婚しようと伝えても、特別感が感じられず本気ではないと思われたり、がっかりさせたりしてしまう可能性があります。

きれいな夜景が見える場所でのプロポーズなど、王道ともいえるシチュエーションも人気です。生演奏の流れる高級レストランなども良いでしょう。このシチュエーションのポイントは、特別感がありロマンティックだということです。ただし、プロポーズをするときの場所は相手の性格をよく考慮して選ぶ必要があります。恋人が注目を浴びることが好きなタイプであれば、レストランでプロポーズをしても良いでしょう。しかし、人目が気になるタイプなら、食事をした後にお2人きりになれる静かな場所に移動してプロポーズをするといった配慮が必要です。

多くの女性は、ある程度サプライズがあったりムードがあったりする方がいいなど、プロポーズに憧れやこだわりを持っています。ムードの感じられない場所ややり方は、避けた方が無難です。

プロポーズの言葉選びも慎重に

プロポーズをするときに、凝った言い回しをする必要はありません。「結婚してください」というようなストレートな言い方が好まれる傾向があります。シンプルで分かりやすく、誠実さが感じられるからでしょう。それに加え、「一生幸せにします」「お2人で幸せになろう」「暖かい家庭を作りたい」といった幸せな将来を想像させる言葉を添えると、より喜ばれる可能性が高いです。反対に、わかりづらい言い回しやはっきりしない言い方、上から目線の言葉は好まれません。たとえば、「毎朝味噌汁を作ってほしい」が定番の言い回しだった時代がありましたが、「女性が料理をして当然」という発想からくる言葉にも思え、現代のライフスタイルに合っている内容とはいえません。

それどころか、プロポーズだと気づかれない可能性さえありますので、やめた方が無難でしょう。また、「周りも結婚しているし、そろそろどう?」「とりあえず結婚しちゃう?」のようなはっきりしない言い方も、毅然とした決意が感じられずがっかりさせてしまいます。さらに、「結婚してやってもいいよ」のような上から目線も良くありません。男らしさをはき違えないようにしましょう。

現実にあった!素敵なプロポーズ体験談

ほかの男性がどのようなプロポーズをしているかは、気になるところではないでしょうか。そこで、ここでは、実際にプロポーズをして成功した体験談を2つ紹介します。

#七夕に願ったサプライズプロポーズ(20代女性)

交際をして5年半、同棲してから2年経ち、そろそろ結婚したいと考えていました。七夕に、保育の仕事をしている関係で笹を持って帰ったときのことです。私は願い事を書いて笹の飾りつけも終え、帰宅した恋人も願い事を書いていました。書き終わった彼の短冊を見ると、なにやら長い文章が書かれています。なんだろうと軽い気持ちで読んでみると、そこには私への感謝の言葉が綴られ、最後に「お願いが裏に書いてあります」と書かれていました。裏返すと、そこにあったのは「お2人で幸せになろう。結婚してください」の言葉でした。そして、彼が指輪の箱を取り出して開け、「結婚してください」と言ってくれたのです。本当にうれしかったです。答えはもちろん、「お願いします」でした。

#達筆すぎたWill you marry me(30代女性)

付き合って1年と数カ月が経ち、臨時収入があったからと彼が高級レストランに連れて行ってくれたときのことです。おいしい料理をいただいて楽しく過ごしました。最後に運ばれてきたデザートを見ると、チョコレートで何か文字が書いてあります。ところが、その文字が達筆すぎて読めず、何だろうと考えこんでしまいました。すると、彼が不安そうになりながら、「驚かせてしまったかもしれないけど、ずっと一緒にいたいと思っています。結婚してください」と言ってくれたのです。そのプレートの達筆な文字は「Will you marry me?」だったのです!彼の一世一代のプロポーズにも気がつかずに考え込んでしまい、彼もお店のスタッフの方もヒヤヒヤさせてしまいました。それも、今では良い笑い話です。

プロポーズでありがちな失敗例

しっかりプランを練って臨んだつもりが、プロポーズが失敗に終わってしまうことがあります。先輩たちの体験談を読んでどのような失敗をしがちなのかを知り、同じ轍を踏まないようにしましょう。先輩たちの体験談の中でも多かったのが、シチュエーションでの失敗です。たとえば、「海が見える場所でプロポーズをしようとしたら、天候が大きく崩れてタイミングを逃してしまった」というものがありました。「観覧車の頂上でプロポーズをしようとしたら隣のゴンドラから丸見えで恥ずかしく、きちんと伝えられなかった」というケースもあります。あまりシチュエーションに凝りすぎない方が良いかもしれません。

緊張しすぎによる失敗もしばしば起こっています。たとえば、せっかく考えてきた言葉をうまく伝えられず支離滅裂になってしまったり、渡す予定の指輪を忘れてきてしまったりなどです。プロポーズのことで頭がいっぱいになった状態で話しかけられても、「まともに返事ができず、結果的に相手を怒らせてしまった」という失敗談もありました。緊張してしまうのは仕方のないことですが、深呼吸してなるべく落ち着くようにしましょう。

「相手には結婚する気がなくて、プロポーズをあっさり断られる」という失敗もあります。プロポーズは、日ごろからお2人の将来の話を自然にしているなど、相手も結婚を意識していることを確認してから行うことが大切です。

成功のコツを見極めて

プロポーズで大切なことは、「相手が喜ぶシチュエーションで結婚したい」という意思をしっかりと伝えることです。目立つことが嫌いな相手にサプライズ演出をするのは、自己満足に過ぎません。また、ロマンティックなプロポーズに憧れている相手に、まるで特別感の感じられないシチュエーションで結婚したいと伝えても、失望させてしまう可能性があります。恋人の性格を見極め、先輩たちの体験談も参考にして、成功率の高い方法やタイミングを考えてプロポーズしましょう。

【アフターブーケとは】結婚式のブーケを一生の想い出に【アフターブーケとは】アフターブーケは、結婚式や挙式のブーケを長期的に残せる形に保存加工したブーケです。幸せの瞬間と共に残すアフターブーケ。アフターブーケのあれこれをお伝えします。ブーケや花束を押し花に。(生花保存加工)...
【花束の保存方法】プロポーズや記念の花束を残す方法【アフターブーケ】プロポーズの花束の保存や保管方法、花束加工保存のポイント。記念の花束を残す方法をご紹介。※持ち込み可能。大切な花束を額に入れて残しておけるって素敵ですよね!結婚式でウェルカムスペースに飾る新郎新婦もいます!プロポーズの立体加工についてお伝えします。...