プロポーズ

【プロポーズ】結婚するタイミングはいつ?交際期間や“きっかけ”

悩んでいる人
悩んでいる人
大切のプロポーズ。必ず成功させ、彼女を喜ばせるにはタイミングも大切です。記念日のプロポーズはシチュエーションが作りやすく雰囲気も盛り上がるものです。しかし、なんでもない日に何気なく、さらりと「結婚しようか」と言われるのも驚くと同時に嬉しいものですよね。いろんなパターンが考えられるプロポーズですが、人気なのはどんなタイミングでしょうか?

素敵なプロポーズは一生の宝物となり、その後の結婚生活を支えていれる思い出ともなります。そこでこの記事では、プロポーズに適したタイミングや必要な準備、当日の流れなど、先輩カップルたちの事例も含めた参考情報を幅広く解説します。

※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。

※本記事は、ゼクシィ結婚トレンド調査を参考にしています。

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
付き合っている男性からプロポーズをされることに対して、うれしいと感じる女性はたくさんいます。この記事では、女性が喜ぶプロポーズのタイミングや必要な準備などについて詳しく解説していきます。3分程度で読める内容なので、是非、お付き合いください!
【花束保存&保管方法】プロポーズ花束やもらった花束を残す方法もらった花束を残したい!もらった花束をおしゃれに花束保存保管の方法:もらったプロポーズ花束の保存保管方法、おしゃれに花束加工保存のポイント。記念の花束を残す方法をご紹介。大切な花束をおしゃれに残しておけるって素敵!プロポーズの立体加工について...
Contents
  1. 【結婚のタイミング】プロポーズまでの交際期間
  2. 2021年度プロポーズ意識調査
  3. 【2022年:最新情報】先輩花嫁に聞いたプロポーズのあれこれ!
  4. 【プロポーズの“きっかけ”】本音!プロポーズを決意したきっかけ
  5. プロポーズに理想的なタイミングは、1年後がオススメです!
  6. プロポーズの花束:渡すタイミング3選!
  7. 男性からのプロポーズ:前兆3選(彼のサインを見逃さないように!)
  8. 男性必見!絶対に避けるべきプロポーズのタイミング
  9. 2022年:1月~12月、それぞれオススメのプロポーズに最適な日
  10. プロポーズを考え始めたら、なるべく早めな行動をオススメします!
  11. プロポーズのメリット・デメリット(期間別)
  12. 【ベスト4】男性が結婚を意識しだすタイミング
  13. 先輩男性の体験談!どんな“きっかけ”でプロポーズをしましたか?
  14. 【プロポーズの時期】一般的なプロポーズのタイミング
  15. 【相手の事情を考慮しましょう!】プロポーズのタイミング
  16. 意外と人気!なんでもない日にプロポーズをする人が多い!
  17. 【まとめ】プロポーズのタイミングや、結婚を決めるタイミング
  18. 【まとめ】新型コロナウィルス感染症拡大はプロポーズに影響するのか?

【結婚のタイミング】プロポーズまでの交際期間

2021年度プロポーズ意識調査

現在のパートナーにプロポーズしましたか(されましたか)?

約8割の人がプロポーズの経験あり!

「はい」と回答した方にお聞きします。実際にプロポーズした(された)場所を教えてください。

自宅もしくは相手の家が1位という結果に。レストランなど飲食店や夜景スポットもやっぱり定番!

あなたは、プロポーズは結婚をするにあたって必要だと思いますか?

約9割の人がプロポーズは「必要」と回答!

「絶対に必要だと思う」「あった方がいいと思う」と回答した方にお聞きします。あなたがしたい(されたい)理想のプロポーズシチュエーションを教えてください。

二人の思い出の場が定番スポットを抜いて1位に!夜景スポットレストランなどの飲食店も上位にランクイン。

2020年は、新型コロナウイルス感染症が拡大した1年になりました。あなたは、コロナ禍を機にパートナーと結婚しましたか?

約4割の人がコロナ禍を機に「結婚した」と回答!

あなたは、プロポーズにあたって婚約指輪は必要だと思いますか?

プロポーズに婚約指輪は必要と回答した人は約7割

パートナーから婚約指輪をもらいましたか?(またはあげましたか)

婚約指輪を約7割の人がもらっている(あげている)ことが判明!

婚約指輪をもらって(あげて)よかったと思いますか?

婚約指輪、約9割が必要と回答!

■プロポーズの実態①:現在のパートナーにプロポーズしましたか(されましたか)?

■プロポーズの実態②:実際にプロポーズした(された)場所を教えてください。

■プロポーズの実態③:プロポーズは結婚をするにあたって必要だと思いますか?

■プロポーズの実態④:あなたがしたい(されたい)理想のプロポーズシチュエーションを教えてください。

■プロポーズの実態⑤:コロナ禍を機にパートナーと結婚しましたか?

■プロポーズの実態⑥:プロポーズにあたって婚約指輪は必要だと思いますか?

■プロポーズの実態⑦:パートナーから婚約指輪をもらいましたか?

■プロポーズの実態⑧:婚約指輪をもらって(あげて)よかったと思いますか?

※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。

【2022年:最新情報】先輩花嫁に聞いたプロポーズのあれこれ!

プロポーズ:指輪以外にもらったものはありますか?

プロポーズ:プロポーズされるまで、どのくらいの交際期間ですか?

プロポーズ:プロポーズはサプライズされたいですか?

プロポーズ:どんなタイミングで、プロポーズされましたか?

※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。

【プロポーズの“きっかけ”】本音!プロポーズを決意したきっかけ

彼女の家庭的な一面に触れた!
友人の結婚生活の話を聞いた
両親からの催促、家族からの後押し
既婚の先輩から結婚生活について話を聞いた
そろそろ節目(昇進、昇給、貯金)
転勤、引っ越しのタイミング
彼女の結婚願望に押し切られる
彼女の年齢が節目になる目前
長い春の終止符
彼女の妊娠、子供が欲しくなった

※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。

プロポーズに理想的なタイミングは、1年後がオススメです!

結婚情報サイトや結婚式場、結婚情報誌など、いろんな形態で、結婚を意識しているカップルたちに少しでも幸せな結婚をしてほしいと、多くの情報が、近年提供されていますよね。

ただ漠然と情報提供しているだけでなく、いろんな企画・イベント情報を提供してくれたり、アンケート調査してその結果を教えてくれたり、結婚を控えたカップルたちには、最高の情報源となってくれているようです。

そんな情報サイトとしても慕われている、【みんなのウェディング】というサイトで、交際開始からプロポーズするまでの理想の期間はどれくらい?というアンケートが実施されています。

その結果を元に、理想のタイミングを見ていくと、最も理想的なのは、高最後1年でのプロポーズなんだそうです。

ちょうど、交際1年の記念という意味合いもありますし、1年位交際することで、相手のことも分かり合えるため、この頃のタイミングでプロポーズして欲しいと、結婚に夢見る女性が多いようです。

交際1年と言うと、短すぎず長すぎずというちょうど良い交際期間と多くの女性が考えているのでしょうね。

※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。

プロポーズの花束:渡すタイミング3選!

プロポーズの際、指輪と一緒に花束を渡したいと考えている方は多いのではないでしょうか。花束はもらうだけでも嬉しいものですが、より強い感動を与えるためには渡すタイミングが重要です。プロポーズで花束を渡すタイミングをご紹介します。事前に綿密な計画を立て、素敵なプロポーズを成功させましょう。

1選:プロポーズ花束を渡すタイミング

待ち合わせ場所で会ってすぐに花束を渡すことは、効果的な花束の渡し方の1つです。プロポーズと同時のタイミングではありませんが、「花束→指輪」と段階的にプレゼントを渡してからプロポーズすることにより、相手の喜びを倍増させる効果が期待できます。

相手は1日に2個も贈り物をされるとは思わないはずです。花束だけで終わりと思わせ、指輪と一緒に素敵なプロポーズをすれば、サプライズを演出できます。ただし、その後のデートプランによっては花束が邪魔になる可能性があるため注意が必要です。人が多く集まる場所へ移動する場合は、花束を保管する方法を考えておきましょう。例えば車のトランクに入れる、持ち運びやすいよう大きめの紙袋を準備する、コインロッカーに保管するなどの方法があります。

2選:プロポーズ花束を渡すタイミング

食事の席において、プロポーズと同じタイミングで花束を渡す方法は王道の渡し方です。場合によっては店内のスタッフに協力してもらうことも可能でしょう。 スタッフに協力を仰ぐ場合は、レストランを予約する際にプロポーズの計画を伝え、花束を運んでもらうタイミングを相談してください。コース料理を頼む場合は、どの料理が出るときに花束を持ってきて欲しいかリクエストしましょう。花束を持ってきてもらう合図をあらかじめ決めておく方法もあります。

ただし、プロポーズが計画通りに進まないケースも想定しておきましょう。レストランが混み合いスタッフが準備できないケース、自分の心の準備ができないケースなど、何パターンかのトラブルとその対応策を想定することにより、いざというときに焦らずに済みます。

3選:プロポーズ花束を渡すタイミング

デートのクライマックスに花束を渡し、感動的なプロポーズをしたい方も多いことでしょう。 デートの帰り際は寂しい気持ちになり、「もっと一緒にいたい」と思うものです。相手の名残惜しさが高まったタイミングで花束を持ってプロポーズをすれば、感動はいっそう大きくなります。

デート終盤にプロポーズをする場合、注意すべきことは、花束の置き場所です。サプライズを演出したいなら、相手に見つからない場所へ花束を隠す必要があります。その際、花を傷めないよう配慮してください。花束は帰り際に立ち寄れる大きなコインロッカーなどに保管しておきましょう。また、生花で作った花束の場合、水分を含ませた状態で保管する必要があります。花屋に相談し、鮮度を保てるよう工夫してください。鮮度を保てる状態で花束を保管することが難しい場合は、プリザーブドフラワーを用意する方法もあります。プリザーブドフラワーは生花・葉を特殊液に浸け、水分を抜いて作られているため日持ちすることが特長です。

※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。

男性からのプロポーズ:前兆3選(彼のサインを見逃さないように!)

前兆1選:彼氏からのプロポーズ:既婚男性と遊ぶ機会が増える

しっかりと準備をしてプロポーズをしたいという男性は、既婚の友人や先輩からエンゲージメントリングの相場や、両家顔合わせのやり方などの話を聞くことで、結婚に向けた計画を立て始めます。

また、結婚後に家族ぐるみで落ち着いた友人関係を築けるよう、独身貴族で派手に遊んでいる友人とは距離を置き始め、安定した家庭を営んでいる友人たちとの交流を深めるようになります。

前兆2選:彼氏からのプロポーズ:親友や家族に会わせたがる

仲のいい友人や兄弟姉妹など、自分と近しい人に彼女の存在を紹介するのは、結婚を意識しているサインの定番。

自分と生涯を通して関わっていくであろう人とコミュニケーションをする場に彼女を誘うことで、近しい人たちに、彼女が「妻として相応しい人物か」をジャッジしてもらいたいという心理が働いていることが考ええられます。

前兆3選:彼氏からのプロポーズ:具体的な結婚生活の話題が出る!

「ふたりで住む場所はどこがいいかな?」「服を買いに行くついでに、生活用品や家具も見に行こうか?」など、結婚生活を意識したかのような提案をしてくる頻度が増える場合は、プロポーズの前兆サインです。

「いますぐ」ではないにせよ、近い将来に結婚を考えているからこそ、将来の生活をイメージするような話題を出す男性心理が働いています。

※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。

男性必見!絶対に避けるべきプロポーズのタイミング

このタイミングはNG!①:自分自身に余裕が持てないタイミング

転職したばかりや、入社したて、会社で大きなプロジェクトを任されていたり、繁忙期など。彼女が自分の事で手一杯な時期は、当然都合の悪い状態です。プロポーズのタイミングとして避けるようにしましょう。

プロポーズされて嬉しくても、余裕がなくてそのまま受け入れられない。といた状態に陥りやすいです。

このタイミングはNG!②:交際期間が短すぎる

これはとても大切ですが、相手に結婚したいけれど、まだその時期ではないと考えている場合です。

付き合って日が浅すぎていたり、彼女がまだお互いのことをちゃんと理解していないと感じていれば、プロポーズされても都合悪く感じられてしまう可能性がうまれます。

結婚は家族になることで、二人の生涯に大きな影響を与える出来事。彼女も将来は結婚したいと考えてはいても、もう少ししっかりと理解しあってからプロポーズされたいと思っているかもしれません。

このタイミングはNG!③:未来への不安材料が多数を占めている

お互いの収入面だったり、健康面だったり色々なケースがあると思いますが、今結婚しても将来への不安が残るというタイミングは、プロポーズに適していない場合があります。災禍の最中などもこのケースに入るでしょう。

もちろんお互いに不安な時だからこそ。結婚して絆を深めよう。という考え方もありますし、全ての方にとって悪いタイミングではありません。

しかし多くの方にとって、できる限り将来への不安がない状態で結婚というステップを進みたいと考えるのは自然なことだと思います。

※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。

 

2022年:1月~12月、それぞれオススメのプロポーズに最適な日

プロポーズに最適な日:2022年1月

1月11日(火)友引、天赦日、一粒万倍日、天恩日

プロポーズに最適な日:2022年2月

なし

プロポーズに最適な日:2022年3月

3月26日(土) 先勝、天赦日、一粒万倍日

プロポーズに最適な日:2022年4月

なし

プロポーズに最適な日:2022年5月

5月14日(土) 大安、一粒万倍日、天恩日、母倉日

5月26日(木) 大安、一粒万倍日、天恩日、母倉日

プロポーズに最適な日:2022年6月

なし

プロポーズに最適な日:2022年7月

なし

プロポーズに最適な日:2022年8月

8月23日(火) 友引、天赦日

プロポーズに最適な日:2022年9月

なし

プロポーズに最適な日:2022年10月

10月22日(土) 大安、天赦日

プロポーズに最適な日:2022年11月

11月7日(月) 大安、天赦日、天恩日

プロポーズに最適な日:2022年12月

なし

※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。

プロポーズを考え始めたら、なるべく早めな行動をオススメします!

プロポーズのタイミングで重要なポイントは、「プロポーズや結婚を意識したら、なるべく早く実行すること」です。先送りにしないよう、気をつけましょう。

プロポーズ⇒結婚式⇒新婚生活⇒妊娠⇒出産

までを考えると、意外に時間がかかります。

  • プロポーズから結婚式:6ヶ月~1年
  • 新婚生活:夫婦次第(二人だけで1年は過ごしいたい等)
  • 妊娠:妊活+妊娠で早くて1年

となるので、プロポーズから出産まで早めに動いても2~3年くらいかかります。

「何歳までに出産しておきたい」という年齢的なリミットを意識している女性が多いです。

でも、男性がプロポーズや結婚・入籍までの期間しか意識していなかったら、すれ違ってしまいます。

彼氏がイメージしている「プロポーズするタイミング」と、彼女がイメージしている「プロポーズしてほしいタイミング」が大きくズレていることがあります。

女性側が「もう待てない」となって、別の男性と付き合ってすぐに結婚する。という話は、よくある話ですよね。

プロポーズされる側の意見(本音)※出典:ハナユメ結婚式準備ガイド

ハナユメの調査によると3人に1人はプロポーズなしで結婚準備を進めているそうです。ただ、プロポーズがなかったカップルの本音を見てみると、後々まで引きずっている人も多いという結果が出ているのです。

この結果を見てもわかる通り、長く付き合っていて、言わなくても気持ちがわかる仲でも、結婚への気持ち、これから一緒に生きていく決意だけは「言葉で示してほしい」という人が大多数のようです。

※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。

プロポーズのメリット・デメリット(期間別)

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
交際期間が短い場合と長い場合のプロポーズの場合、どんなメリットやデメリットがあるのかをあわせて見ていきましょう。

プロポーズまでの交際期間が短い場合

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
交際期間が短い場合のプロポーズは、何といっても相手の女性と早くゴールインできるのがメリットです。短期間でプロポーズする男性は、交際期間の長さを重要としません。お互いのフィーリングがあったときが結婚の適切なタイミングと考えます。結婚後もしばらくは恋人のような夫婦生活になるでしょう。

デメリットは結婚の準備が不十分である点です。金銭面やお互いの仕事、生活スタイルなどのすり合わせが甘いため、結婚生活が始まってから違和感が生まれる心配もあります。また、短い交際期間で結婚するカップルの多くは、相手のよい面しか見えていないことがあります。

結婚後に相手のウィークポイントが目立つと、結婚に後悔することも少なくありません。

プロポーズまでの交際期間が長い場合

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
生時代から付き合っているなど長い交際期間を経てプロポーズする場合は、お互いの人となりをよく知ったうえで結婚できるのがメリットです。相手の欠点をある程度は妥協できるので、結婚後も安定した関係を維持できます。また交際期間が長いと、結婚に向けて貯金ができるので金銭的な余裕も生まれます。

デメリットは、長い交際期間だからこそ「本当に彼女と結婚してよかったのだろうか」と他の女性へ心変わりしてしまったり、結婚直前になって自分の決心に自信がもてなくなったりする可能性もあるでしょう。

またカップルの年齢も自然と上がるので、早く子どもが欲しいと望む女性にとって、妊娠や出産が遅くなるのも不安となる要素です。

【ベスト4】男性が結婚を意識しだすタイミング

男性が結婚を意識する時期①:周り(同僚や友人)が、どんどん結婚し始めた時

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
社会人になって数年経つと、かつての同級生や同僚が結婚するというニュースがたびたび飛び込んでくるような時期が訪れます。同年代で身近な方々の結婚は、自身の結婚に対する意識が高まるきっかけになります。「自分の結婚はまだまだ先」と思っている方でも、友達や同僚が次々に結婚していく姿を見ると刺激されて考え方が変わるようです。

男性が結婚を意識する時期②:仕事が軌道に乗って、安定感が出てきた時

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
社会に出てすぐのうちは仕事に慣れるのが精一杯で、結婚どころか恋愛のことも考える余裕がない方も多いです。さまざまな経験を積んで仕事が軌道に乗ってくると気持ちに余裕が生まれ、収入も安定するようになります。とくに昇進や昇給など目に見えるレベルアップがあれば、家庭を持つ自信が湧き「そろそろ結婚しようかな」と考えられるようになるのでしょう。

男性が結婚を意識する時期③:パートナーとの結婚生活のイメージが出来た時

恋人同士の間はデートのたびに楽しい時間を過ごし、かっこいいところを見せようと努力する方も多いでしょう。

しかし、結婚するとお互いのよい面も悪い面も見せ合い、支え合って生きていくことになります。

生活を共にし、悲しいことも苦しいことも一緒に乗り越えていくことにもなります。

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
こういったことから、彼女と家族になる姿をイメージできたとき、結婚を意識する男性も多いようです。たとえば「体調を崩したときに彼女が看病に来てくれた」「仕事の悩みを受け止めてもらった」など、彼女にサポートされたときにイメージが湧きやすいのではないでしょうか。

男性が結婚を意識する時期④:結婚適齢期を迎えた時

現代は晩婚化も進んでいますが、今なお年齢は結婚を考える基準のひとつになっています。

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
ゼクシィ結婚トレンド調査によると、結婚時の平均年齢は男性が30歳、女性が28.4歳でした。現代は男女ともに30歳前後が「結婚適齢期」の目安になるといえます。30歳前後になると、親や親戚から結婚のことを聞かれる機会が増えます。友達や同僚など同年代の人が結婚し始める年齢でもあるので、「自分もいつ結婚してもおかしくない歳になったんだな」と実感することが多くなるでしょう。

先輩男性の体験談!どんな“きっかけ”でプロポーズをしましたか?

①プロポーズのタイミング:彼女の家庭的な一面に触れた時!

彼女の家庭的な面を見た時、ずっと一緒にいたいと思った。
家庭を任せられる安心感。
つくったよそ行きな感じではなく、家庭的な温かさに惹かれる。
料理上手だとそれだけで幸せな家庭のイメージができる。
仕事で辛い事があっても彼女が側にいてくれるだけで頑張れる。
体調を崩した時健気に看病してくれた時。
弱っている時にさり気なく支えてくれた時。
休日の公園で楽しそうな家族を見ていて将来の自分達と重なって感じた時。

②プロポーズのタイミング:友達から結婚生活の話を聞いた時!

既婚の友達から結婚生活の話を聞くと、自分と彼女とのことに照らして考えるようになり決意しました。
友達に幸せそうな結婚の話を聞いたり、目を輝かせて子供の話をしているのを見ていると素直に羨ましいな・・・自分も早く家族を持ちたいと考えるようになった。
友達の家に招かれて行った時、玄関に入った瞬間から幸せな家庭の匂いを感じすごく影響を受けたと思います。
友達の話を聞いていて、僕もエプロン姿の彼女に「おかえりなさい」と言ってほしくなった。

③プロポーズのタイミング:両親からの催促や後押しを受けた時!

帰省する度の「結婚まだなの?コール」最初はめんどくさかったけど改めて親の歳を考える機会がありその時、彼女との結婚を決意しました。
両親からのプレッシャーは思う以上に大きく皆はどうやって回避してるんだろう・・・と思っていましたがだんだん後ろめたくなって腹を括りました。
「もう若くはないんだから身を固めて独り立ちしなさい」と言われた時。
何かにつけて「誰それのところに何人目の孫ができたらしい」と言われ続けていましたが元気なうちに孫を抱かせてやりたいなと思った時。
親しく行き来している彼女の両親に「早く孫の顔を見せてちょうだい」と懇願されて半ば流れでプロポーズ。

④プロポーズのタイミング:既婚の先輩から結婚生活の話を聞いた時!

信頼できる先輩からの話はリアルで安心して聞けました。
職場で既婚男性が楽しそうに子供さんとのやりとりを話しているのを聞いてプロポーズの決意をしました。
会社で女性の先輩から、「彼女の年齢の事を考えてあげるのも男の責任よ」の言葉が刺さって即プロポーズすることにしました。

⑤プロポーズのタイミング:そろそろ“節目”を感じた時!

以前より〇〇歳までに結婚しようと決めていた。
結婚して家庭を持つのは役職に就いてからと決め頑張ってきた。
スキルアップ、結果を出すことを目指し、成果を認められて昇給したのをきっかけにプロポーズを決意しました。
結婚資金が貯まり収入も安定したので彼女にプロポーズをしました。

⑥プロポーズのタイミング:転勤や引っ越しのタイミングの時!

遠方への転勤の辞令が出て彼女に話したら、「私も付いて行きたい。」と言ってくれた時。
借りているマンションの更新で、新しく物件を探そうと思った時をきっかけにリアルに結婚を意識し始めプロポーズを決意しました。
自分の転勤で遠距離交際をしていましたが、本部へ戻れることが決まったのを機に身を固めようと思いました。

⑦プロポーズのタイミング:彼女の結婚願望に押し切られた時!

彼女の気持ちに気づかないふりをして、長い間ずるずると交際していると「真剣に結婚を考えてないんだったら親の勧める人と結婚する。」と彼女から言い渡された時決心できた。

付き合い始めたころから、何歳までに結婚して、いつまでに子供を産んでと、彼女の夢を聞かされ続けていたのでそろそろかなとプロポーズしました。
彼女の結婚願望と女性には時間に限りがあることを周囲からこんこんと説かれました。
「彼女を逃したらもう結婚できないかもな」と決意しました

⑧プロポーズのタイミング:彼女の年齢が一つの節目になる目前の時!

一つの区切りでもある30歳までには結婚しようと思っていました。
「30の大台」にのることを彼女がすごく気にしていたので、自分も意識するようになりました
誕生日前にプロポーズをすることを決めていました。

⑨プロポーズのタイミング:長い春の終止符の時!

結婚して自由がなくなる前にいろんなことをやっておきたくて、長い間引き伸ばしていましたがそろそろ年貢の納時かなーと覚悟しました。
長く付き合ってお互いの性格や価値観も把握できていると感じ、彼女にウエディングドレスを着せてあげたいと思った時。
ずっと同棲をしていて、今しないと一生結婚しないだろうなと思って決意しました。

⑩プロポーズのタイミング:子供が欲しくなった時!

彼女のお腹に新しい命を授かったと知った時に一生大事にしようと決心しました。
甥っ子、姪っ子が可愛すぎて自分も早く子供がほしいと結婚を意識してプロポーズしました
友人夫婦から妊活の話を聞かされ、相手がいるのなら一日も早い方が良いと思いプロポーズを決意しました。

※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。

 

【プロポーズの時期】一般的なプロポーズのタイミング

一般的なプロポーズのタイミング①:年齢

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
女性の中には結婚適齢期を意識する人も多いため、付き合っている期間が長いほど「いつプロポーズされるのだろう」という点が気になるものです。プロポーズを希望する年齢は人それぞれ異なりますが、男女ともに30歳前後になると結婚について考える人が多く見られます。

30歳前後になると、親しい友達や職場の同僚などの妊娠・出産報告を見聞きする機会が増える傾向にあります。その影響で自分が結婚するタイミングもおのずと気になるようになるのです。

一般的なプロポーズのタイミング②:交際期間

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
ある程度交際期間が続くと、お互いの性格などがよく分かるようになり、結婚後の生活を具体的にイメージしやすくなります。実際に結婚したカップルでは、交際を始めて1~2年程度でプロポーズに至る人が多いという傾向があります。

ただし、プロポーズを意識するタイミングには個人差があります。交際期間は長くても、「安定した仕事に就いていない」、「一緒に生活している姿がイメージできない」など、カップルによってそれぞれ状況が異なるため、「いつかは結婚したい」と思っていても、なかなかプロポーズに至らないケースもあります。

一般的なプロポーズのタイミング③:赤ちゃんを授かった

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
女性が妊娠したことが分かると、そのタイミングでプロポーズをして結婚する人も多くいます。厚生労働省が発表したデータによると、20代後半ではおよそ4人に1人が授かり婚をしています。

結婚に対して消極的な男性でも、赤ちゃんを授かったことで結婚を決断するということはよくあります。結婚をして夫婦として新たなスタートを踏み出せば、精神的にもより安心した状態で赤ちゃんが迎えられます。

一般的なプロポーズのタイミング④:仕事で昇進した時や安定した時

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
仕事や収入が安定したり、昇進したりすると、それを「区切り」と判断しプロポーズを行う男性はたくさんいます。仕事や生活が安定し、家族を養えると判断できると、一気に結婚へと踏み切るケースはよくあります。

一般的なプロポーズのタイミング⑤:記念日

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
誕生日やクリスマス、バレンタインデーなど、記憶に残る記念日はプロポーズのタイミングとしてふさわしいといえます。ふたりにとって覚えやすい日にプロポーズをすると、結婚後も「大切な日」として一緒にお祝いができるというメリットがあります。

一般的なプロポーズのタイミング⑥:同僚や友人の結婚が続いた時

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
周りの同僚や友人の結婚が続くと、それに触発されて「自分も結婚したほうが良いのではないか」と考える人は少なくありません。男性が自分自身の結婚を意識しはじめると、特別な日でなくてもプロポーズをする場合があります。

一般的なプロポーズのタイミング⑦:転勤が決まった時

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
転居を伴う転勤が決まった場合、それがプロポーズのきっかけとなることがあります。遠距離恋愛になり、これまでのように頻繁に会うことができなくなると、「彼女と離れて暮らすのは寂しい」などの理由からプロポーズをする人もいます。

【相手の事情を考慮しましょう!】プロポーズのタイミング

プロポーズのタイミング①:相手の仕事が忙しいタイミング

デートの時間をなかなかつくれない程忙しい時にプロポーズされても、「こんなに忙しいのに、結婚してやっていけるのか?」などど不安を与えてしまっては本末転倒ですね。場合によっては仕事が落ち着くのを待つというのも大切です。

もしも、彼女の仕事が忙しい時期にプロポーズをするなら「こんなに忙しい時期があっても、この人となら一緒になっても大丈夫だ」と思える、対応と言葉とともにプロポーズすることが大切ではないでしょうか?

プロポーズのタイミング②:転職前後のタイミング

男女どちもも転職して直ぐというのは、プロポーズのタイミングには向いていないと考える方が多いかもしれません。

先行きの見えづらい転職であれば、少し様子を見てからというのも良いと思います。しかしながら、先行きがはっきりとしているなら、転職する前にプロポーズして、婚約者がいる人として転職して、公私ともに心機一転する良いタイミングとも言えます。

男性のあなたが転職する場合はご自身の決意とともに、彼女が転職するなら彼女を支える気持ちを一緒に伝えながらのプロポーズが大切になります。

プロポーズのタイミング③:遠距離恋愛のタイミング

遠距離恋愛の場合、どちらかが引っ越す、転職する等の必要がある場合が殆どではないでしょうか? 一般的に女性が引っ越し、転職するというケースが多いと思われますが、結婚だけでなく引っ越し、転職も重なるとかなりの負担をかけることにもなります。男性のあなたがしっかりとフォローするつもりがあることが伝わるようにプロポーズしたいですね。

プロポーズのタイミング④:結婚相談所で出会って間もないタイミング

結婚相談所でお付き合いを始めるというのは、つまり結婚が前提となっています。ですので、つき合って間がなくても、彼女とのコミュニケーションがしっかりととれている確信があれば、プロポーズは女性にとってはとても嬉しいことでしょう。

また、そもそも結婚が前提なのに、いつまでもプロポーズなしでお付き合いするのは、女性にとっては「次のお相手を探した方が良いのかしら?」と感じさせてしまうこともあるかもしれません。結婚相談所の方のフォローも受けながら、この人となら! と思うなら、早めのプロポーズは良いと言えるでしょう。

※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。

 

意外と人気!なんでもない日にプロポーズをする人が多い!

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
女性の中には目立つことやイベントが苦手で、記念日やロマンチックなシチュエーションでのプロポーズを望まない人もいます。そんな女性が思わずぐっとくるのが「なんでもない日」のプロポーズです。

「なんでもないような日」がプロポーズによって、2人の特別な日になるのも素敵ですよね!

「自分が一番結婚したいと思ったタイミングでプロポーズをしたい」という男性にも、この「なんでもない日」は人気があるようです。

プロポーズのタイミングやシチュエーションにこだわる人も入れば、そうでない人もいます。

大好きな人からのプロポーズは、どんな時でも嬉しい瞬間には違いありませんが、せっかくならばパートナーの性格にあわせて、彼女がもっとも喜んでくれそうな日を選んでみてはいかがでしょうか。

【まとめ】プロポーズのタイミングや、結婚を決めるタイミング

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
恋人との交際期間が長くなり、良好な関係が続くようになると、結婚を前向きに考え始めるものです。結婚前にプロポーズをするのが一般的ですが、すると決めたからには絶対に失敗したくないですよね。プロポーズは恋人から人生の伴侶になるための一大イベントであり、一生思い出に残るものです。彼女に喜んでもらうためにも、プロポーズの準備は念入りに行いましょう。結婚を決めるタイミングやプロポーズまでに準備すべきこと、婚約指輪を用意するときのポイントなどについてご紹介しました。彼女との結婚を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【まとめ】プロポーズの実態:プロポーズは結婚をするにあたって必要だと思いますか?

約9割の人が結婚にあたってプロポーズは「必要」と回答しています。

結婚にあたってプロポーズに必要性を感じる人は87.7%と、ほとんどの人がプロポーズを重要視していることが明らかに。

【まとめ】プロポーズの実態⑤:コロナ禍を機にパートナーと結婚しましたか?

コロナ禍をきっかけにパートナーと結婚したと回答した方は38.7%でした。コロナ禍によってリモートワークなどで一緒にいる時間が増えたことも関係しているのではないでしょうか。

【まとめ】プロポーズの実態:プロポーズにあたって婚約指輪は必要だと思いますか?

婚約指輪をもらって(あげて)よかったと思う人は95.5%と、ほとんどの新婚夫婦・カップルで婚約指輪の良さを感じています。このうち、「とてもよかったと思う」と回答した人は59.4%と、約6割の人がより婚約指輪への満足度が高いというデータが出ました。

【まとめ】プロポーズの実態:婚約指輪をもらって(あげて)よかったと思いますか?

プロポーズにおいて婚約指輪が必要だと感じると回答した方は71.1%でした。プロポーズにあたり、言葉では言い表せない思いもあるでしょう。

【まとめ】男性が結婚を決めるタイミング①:適齢期

1つ目の結婚を決めるタイミングは、「適齢期」と呼ばれる年齢です。

一般的には男性の結婚適齢期は20代後半~30代と言われています。女性の結婚適齢期は、20代前半~20代後半が一般的でしょう。女性に比べると男性の結婚適齢期は少し遅めになります。

男性は仕事がある程度落ち着き、収入などの経済面、生活面で安定してきてから結婚したいと考えている方が多いため、男女での適齢期も多少異なります。

【まとめ】男性が結婚を決めるタイミング②:一緒にいることが当たり前!

2つ目のタイミングは、パートナーと一緒にいることが当たり前と感じ、長く一緒にいたいと再認識した時です。付き合っている期間や一緒にいる期間が長いと一緒にいることに慣れてしまうものです。

しかし、それだけ一緒にいることで、男性も「一緒にいることが当たり前」であったり「これだけ長く一緒にいられるのであれば今後も一緒にいたい」と生涯のパートナーとして結婚を意識してくれることでしょう。

【まとめ】男性が結婚を決めるタイミング③

3つ目のタイミングは、周囲が結婚ラッシュで一気に結婚し始めた時になります。

友人や同僚が結婚していく姿を見て結婚への意識が高まったり、結婚に対して現実的に考えるようになることでしょう。

友人の家に遊びに行った時に、友人が父親の顔で子供をあやしている姿を見て家庭を持ちたいと思ったり、幸せそうな顔を見てうらやましいと思うことも多くなるはずです。周囲の結婚ラッシュも、自身の結婚を意識し始めるひとつのタイミングと言えます。

【まとめ】男性が結婚を決めるタイミング④

4つ目のタイミングは、彼女と結婚したときの生活がイメージできた時です。

例えば、彼女の手料理が美味しかった時や、自分の親と楽しそうに会話をしている時なども将来、自分の彼女が妻になるイメージを持つ男性も多いです。また、風邪や病気の時に看病しサポートしてくれる姿もイメージが沸くポイントでしょう。これらをきっかけに、彼女と生活するイメージができ、結婚を決意する男性も多いです。

【まとめ】プロポーズまでに必要な交際期間はカップルによって違う!

交際を開始してからプロポーズまでの期間は、それぞれのカップルによって異なります。女性の性格を見極めてからプロポーズしたいとする慎重派の男性や、「この女性しかいない」と短期間でプロポーズする情熱派の男性もいます。

メリットとデメリットを考慮しつつ、お互いの状況を見て適切だと思える時期にプロポーズできればいいと思います!また、プロポーズ後の婚約期間についてもやるべきことがたくさんありますので、スケジュールを立てて準備を進めていきましょう。

【まとめ】プロポーズのタイミング①:お互いの誕生日

年齢を意識する誕生日は将来を考える日でもあります。そんな日はプロポーズをするのにうってつけ。彼女の誕生日だけではなく、もちろん自分の誕生日でもOK。「これからの誕生日も、ずっと一緒に祝ってほしい」などと伝えてみてはいかがですか?

【まとめ】プロポーズのタイミング②:ふたりの記念日

告白をした日や交際を始めた日など、ふたりにとっての記念日はいくつかあるはず。そんな節目の日もプロポーズをするのにふさわしいタイミングといえます。

【まとめ】プロポーズのタイミング③:人生の転機を迎えた時

転勤はプロポーズのいいきっかけに。また、 昇進したり、大きなプロジェクトが片付いてホッとしたときなども、プロポーズにはいい時期といえます。さらに、転職や起業をするときも、「新たな未来を一緒に切り開いてほしい」という意味を込めてプロポーズしてもいいと思います!

【まとめ】プロポーズのタイミング④:イベント関連

バレンタインデー、ホワイトデー、クリスマスなど一般的なイベントはもちろん、花火大会やテーマパークに行くときや旅行などふたりの特別なレジャーのシーンに組み込むのもいいアイデアだと思います!

※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)のフォーエバーフラワーを採用しています。

【まとめ】新型コロナウィルス感染症拡大はプロポーズに影響するのか?

みんなのウェディングの調査結果によると、「プロポーズをする・しない」の意志に影響を受けたと回答した人は全体の1割にも満たない6.5%でした。

【まとめ】結婚を意識するのは、付き合ってから1年~2年程度

結婚に至ったふたりの交際も、学生時代から続いていたり、結婚を前提に交際が始まったり、30歳前後で交際し始めたりと様々です。

結婚を意識するようになるまでの交際期間は、交際期間0日というふたりもいますし、十数年の交際期間を経て結婚というふたりもいます。

ですが一般的には、付き合ってから1~2年のうちに結婚を意識し始めることが多いようです。交際期間が長くなるほど、プロポーズをいつしたら良いのかこのままで良いのではないかなと迷ってしまうようです。

すぐにでも結婚をしたいと思っている女性に対しては数か月のうちにプロポーズするのがベストですし、急がずじっくりお互いを理解し合ってから結婚したいというなら2~3年の交際期間が理想です。

ふたりともがお互いに結婚を意識し始めたころがベストですが、相手のタイミングを考慮してあげると喜びは倍増するはずです。待たせすぎを喜ぶ女性は少なく、やはり春・夏・秋・冬という四季を一緒に経験して、相手のことも分かってきた交際1年くらいがちょうどよいタイミングのようです。

【まとめ】ゼクシィ結婚トレンド調査2020:結婚を意識したきっかけ

ゼクシィ結婚トレンド調査 2020」によると、結婚を決めた理由(複数回答可)としてもっとも多かったのは「相手と一緒に将来を生きたかったから(79.0%)」。次いで「相手と一緒に生活をしたかったから(60.3%)」「子供など家族がほしかったから(46.7%)」という結果になっています(首都圏)。

結婚とは、愛するパートナーと人生を共に歩むこと。「この人とずっと一緒にいたい」と思ったことがきっかけで結婚を決意する方が多いようです。

【まとめ】ゼクシィ結婚トレンド調査2020:プロポーズのタイミング

ゼクシィ結婚トレンド調査 2020」によると、プロポーズを実施した時期の平均は「挙式の12.4ヵ月前」です。もっとも多かったのは「挙式の1年前(44.4%)」、次いで「挙式の8ヵ月前(8.6%)」「挙式の10ヵ月前(7.8%)」と続いています。

上述したデータを見ると、一般的にプロポーズから挙式までの期間は約1年ということがわかります。結婚を決意したら、挙式のことも考慮して早めにプロポーズしてみてはいかがでしょうか。

【おしゃれで安いアフターブーケ】結婚式ブーケ保存保管:15選【おしゃれなアフターブーケ】アフターブーケは、結婚式や挙式のブーケを残せる形に保存加工したブーケです。おしゃれで長期的に見れば安いアフターブーケ。ブーケや花束を押し花に。(生花保存加工)...
【花束保存&保管方法】プロポーズ花束やもらった花束を残す方法もらった花束を残したい!もらった花束をおしゃれに花束保存保管の方法:もらったプロポーズ花束の保存保管方法、おしゃれに花束加工保存のポイント。記念の花束を残す方法をご紹介。大切な花束をおしゃれに残しておけるって素敵!プロポーズの立体加工について...
【結婚式後のブーケ、どうする?】花束保存・保管の評判や口コミ【アフターブーケの評判や口コミ】bloom(ぶるーむ)のアフターブーケを受け取った花嫁の評判や口コミをご紹介します。おすすめ!大満足!後悔なし!かわいい!想像以上!と好評価です。ブーケや花束持込みもできるので、ぶるーむさんオススメです。...
【プロポーズ】プロポーズのタイミングや言葉を徹底解説!プロポーズのタイミング、プロポーズの言葉、体験談、失敗談をご紹介します!また、プロポーズは一生に一度のこと。プロポーズをする場所等を含め、しっかり準備する事の大切さを経験者がポイントでお伝えします!プロポーズ、成功させましょう!...
【アフターブーケの作り方】残せる代表的なお花の図鑑①【花束を残す方法】アフターブーケ(フォーエバーフラワー)に出来るお花をご紹介します。お花の名前と、それぞれの特徴について簡単にご紹介します!結婚式ブーケ、挙式ブーケ、エターナルブーケ、記念の花束。...
【アフターブーケの作り方】残せる代表的なお花の図鑑②【花束保存保管の方法】アフターブーケ(フォーエバーフラワー)に出来るお花をご紹介します。お花の名前と、それぞれの特徴について簡単にご紹介します!結婚式ブーケ、挙式ブーケ、エターナルブーケ、記念の花束。...
【アフターブーケの評判】花束保存の口コミ20選【アフターブーケのレビュー】アフターブーケで後悔したくない方必見!押し花アート、ドライフラワーを残した先輩花嫁の口コミ20選!花束保存や保管の参考になります。花束の持ち込みができる東京と岡山のアトリエで、花束保存加工ができます。全国対応可能...
【アフターブーケの評判】花束を残す(保存)新郎新婦は増加?【花束保存加工】花束保存を選ぶカップルや新郎新婦は増加しているのか?実際にアフターブーケを経験した新婦さんの口コミや評判を記事にします。アフターブーケで迷ったり、後悔したくない方が対象です。元ウェディング業界にいた私が花束保存をした方が良い理由をお伝えします。...
【花束保存の口コミ】プロポーズ花束保存の経験者の声:10選【花束保存】プロポーズの花束や記念の花束の保存経験者の声!おしゃれなアフターブーケで大人気のぶるーむの評判!花束保存ができる会場のご紹介!沖縄、福岡、名古屋、東京、大阪、京都、北海道、岡山、神戸、仙台、札幌等、全国対応しているぶるーむ取扱店をご紹介します!...
【花束保存・保管の口コミ】押し花アフターブーケ:20選【アフターブーケ(押し花)】卒花嫁の評判や口コミをご紹介します!フォーエバーフラワー(押し花のドライフラワー)はおしゃれ!花束保存保管なら押し花アートがオススメです。挙式後、持ち込みも可能。お花を残したい方は、アフターブーケ(押し花)がオススメです!...
【いらない?】アフターブーケ後悔のポイント10選【アフターブーケ】アフターブーケで後悔する10個のポイントをご紹介します。アフターブーケにした卒花嫁、アフターブーケにしなかった卒花嫁の声をお届けします。アフターブーケは安い買い物ではありませんが、長期的な視点で見れば安い!です。アフターブーケに保存加工をオススメします!...
プロポーズのタイミング:プロポーズ前の準備方法と“やり方” ※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)さんのアフターブーケを採用しています。 https://w...
プロポーズのタイミングや言葉:プロポーズのやり方を解説 ※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)さんのアフターブーケを採用しています。 https...