ウエディング

【安い結婚式ブーケ】アフターブーケの作り方&残す方法

※本記事に使用している画像は、株式会社bloom(ぶるーむ)さんを採用しています。

アフターブーケで悩んでいる人
アフターブーケで悩んでいる人
プロポーズ花束や結婚式のブーケを保存したり残したりする場合、結構、お値段が高いですよね・・・。安くお得に残す方法ってないのかな?
元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
挙式や結婚式で使用したブライダルブーケを美しいまま残せたら素敵ですよね!たしかに、アフターブーケは値段が高い!と感じる方もいるかもしれません。ただ、卒花嫁さんは、「アフターブーケは絶対に残した方が良い」「長期的に見れば、アフターブーケは安い!」と感じている方がほとんどです。理由を解説しますので、4分ほどお付き合いください。
結論

花束保存をしている人達は増加しています

プロポーズ花束や結婚式ブーケ、贈呈用花束、会場装花をアフターブーケにする人達は増えています。

なぜなら、思い出や気持ちを画像や動画だけではなく、“形にして残したい”人達が増えているからです

アフターブーケ(花束保存)にすることで、人間の寿命以上に長持ちする花束を手元に持って置けるのが魅力的だから、花束保存をする人達が増加しています。

この記事を読めば、花束保存をしている人達の実態について知ることができます。

元ウェディング業界出身者
元ウェディング業界出身者
結局、どこに価値を見出すか?がポイントだと思います。お花はどんどん枯れて行きます。しかし、例えば、株式会社Bloom(ぶるーむ)さんのフォーエバーフラワー(押し花アート)は人間の寿命以上に咲き続けます。
本記事を読んで欲しい読者さん

・アフターブーケについて知りたい方

・アフターブーケで後悔したくない方

・アフターブーケをやってみたい方

そして、

結婚式ブーケを残す方法押し花ブーケの作り方について記事にします。

結論:結婚式ブーケを残す方法

【生花のまま】新鮮なお花の美しさを、そのまま数日間だけ楽しむ。

【プリザーブドフラワー】湿気が大敵だが、生花のように仕上がる。

【ドライフラワー】お花の変色が早いが、立体的に残せる。

【アイスフラワー】製作できるお店は少ないが、新しい加工方法。

【押し花アート】壁に飾れるから、省スペースで楽しむことができる。

上記5つの内、一番オススメできる結婚式ブーケを残す方法は、

押し花アート(フォーエバーフラワー)

です。

理由は、

押し花は、海外にも持って行ける!※立体は国によっては規制対象
押し花は、場所を取らないから飾りやすい!
押し花は、ガラスが割れても、内側にあるアクリルがお花を保護する!
押し花は、空気に触れる面積が少ないから、退色しづらい!
押し花は、額裏に大量の乾燥剤が入っているから、変色しづらい!
押し花は、メンテナンスが不要!

そして、

ポイント:結婚式ブーケを創る方法

元々のブーケを忠実に作る!が基本

自然な花の色に仕上げることが大事

●専用の保管袋に入れて、保管するのが大切

●生花のブーケの写真を見て、再現させるのが前提

です。

それでは、それぞれの詳細(裏付け)をご紹介します!

※本記事の画像は、株式会社Bloom(ぶるーむ)の押し花アートを採用しています。

Contents
  1. 【アフターブーケとは?】ブーケ保存加工とは、一体なに?
  2. 花束保存加工:5種類の保存方法をご紹介!
  3. 【アフターブーケ】生花のまま自宅に持って帰って飾る
  4. 【アフターブーケ】プリザーブドフラワーで残す
  5. 【アフターブーケ】ドライフラワーで残す
  6. 【アフターブーケ】アイスフラワーで残す
  7. 【アフターブーケ】押し花(フォーエバーフラワー)で残す
  8. 【安い!】おしゃれなアフターブーケ人気ランキング
  9. 【安い順ランキング】アフターブーケ保存加工(ブーケ型)※株式会社Bloom(ぶるーむ)
  10. 【安いランキング】アフターブーケ保存加工(アート型)※株式会社Bloom(ぶるーむ)
  11. ウェディングブーケで作る!アフターブーケの作り方&はじめ方
  12. オシャレなアフターブーケ:大人気の株式会社Bloom(ぶるーむ)さんの口コミ

【アフターブーケとは?】ブーケ保存加工とは、一体なに?

アフターブーケとは、結婚式で使用したブーケを、結婚式後でも綺麗に保存しておけるように加工を施したブーケです。

挙式や結婚式では、ドレスに合わせてブーケを作る方は多いと思います。しかし、残念ながら生花の場合、挙式後は枯れてしまいます。

そんな思い出のブーケを、いつまでも残しておきたい!と考える方が増えていて、自分の好みの保存方法で美しいままブーケを残せる技術が進歩しています。

花束保存加工:5種類の保存方法をご紹介!

代表的なブーケを保存する方法は5種類あります。

① 生花のまま自宅に持って帰って飾る

② 押し花アートに生まれ変わらせる

③ プリザーブドフラワーに生まれ変わらせる

④ ドライフラワーに生まれ変わらせる

⑤ フリーズドライフラワーに生まれ変わらせる

それぞれの具体的な残し方や、メリット・デメリットについてご紹介をします。

【アフターブーケ】生花のまま自宅に持って帰って飾る

生花のブーケを花瓶などで残す場合、どれだけ長くても10日間くらいが限界です。そこで、できるだけ長期間に渡って楽しむためにオススメなのは、「延命剤」を使用することです。

延命剤は、

● お花に必要な栄養素

● 抗菌剤

● お花を生き生きと保つための成分

が、含まれています。そして、

● 街のお花屋さん

● インターネット

で、購入することができます。

そして、綺麗な状態を保つには、「水切り」や直射日光が当たらない涼しい場所に置くなどがあります。

ブーケ&花束保存:生花のまま自宅に持って帰るメリット

生花のまま自宅に持って帰るメリットは、

生花の魅力である“本物にしかない質感や香り”を楽しめる

ブーケ&花束保存:生花のまま自宅に持って帰るデメリット

生花のまま自宅に持って帰るデメリットは、

美しい状態で楽しめるのは、どんなに長くても10日間

【アフターブーケ】プリザーブドフラワーで残す

プリザーブドフラワーは、

お花の水分を抜いて、特殊な液を吸収後に乾燥させた花束保存の方法です。

完成品は、生花のような雰囲気が残り、実際のブーケのまま保存することができます。

ブーケ&花束保存:プリザーブドフラワーのメリット

プリザーブドフラワーのメリットは、

生花のような仕上がりが期待できます。

プリザーブドフラワーは、花びらの柔らかい質感が残り、色彩も実際の色に近く形で残すことができます。

ブーケ&花束保存:プリザーブドフラワーのデメリット

プリザーブドフラワーのデメリットは、

湿度に弱い

プリザーブドフラワーは永久的に美しいままなのか?と言うと、実はそうではありません。

ヨーロッパのように乾燥している土地なら10年くらいは持ちますが、

日本のように多湿な土地は、1年~2年が限界です。

よって、正直、アフターブーケをプリザーブドフラワーで残すのはオススメしません。

【アフターブーケ】ドライフラワーで残す

ブーケ&花束保存:ドライフラワーのメリット

ドライフラワーのメリットは、

立体的に保存できる

ブーケ&花束保存:ドライフラワーのデメリット

ドライフラワーのデメリットは、

花の色が変化してしまう

ドライフラワーのデメリットは、早いと2~3ヶ月で退色し始めます。

理由は、空気に触れている面積が多い&乾燥材が不十分だからです。

よって、正直、アフターブーケをドライフラワーで残すのはオススメしません。

【アフターブーケ】アイスフラワーで残す

ブーケ&花束保存:アイスフラワーのメリット

アイスフラワーのメリットは、

ブーケ全体を自然な形で残せる

ブーケ&花束保存:アイスフラワーのデメリット

アイスフラワーのデメリットは、

加工に適さないお花が沢山ある

【アフターブーケ】押し花(フォーエバーフラワー)で残す

ブーケ&花束保存:押し花(フォーエバーフラワー)のメリット

押し花(フォーエバーフラワー)のメリットは、

省スペースで飾れる

ブーケ&花束保存:押し花(フォーエバーフラワー)のデメリット

押し花(フォーエバーフラワー)のデメリットは、

湿度に弱い

【安い!】おしゃれなアフターブーケ人気ランキング

第1位:40,000円~の「オシャレなアフターブーケ」※ぶるーむ

※本アフターブーケ(ぶるーむ)の詳細はこちらです。

第2位:50,000円~の「オシャレなアフターブーケ」※ぶるーむ

※本アフターブーケ(ぶるーむ)の詳細はこちらです。

第3位:60,000円~の「オシャレなアフターブーケ」※ぶるーむ

※本アフターブーケ(ぶるーむ)の詳細はこちらです。

【安い順ランキング】アフターブーケ保存加工(ブーケ型)※株式会社Bloom(ぶるーむ)

結婚式の想い出をそのままにブーケのフォルムを表現するスタイルが、ブーケの形で残すアフターブーケです。ひとつひとつのブーケがもつ空気感を大切に製作するのが特徴です。   ※画像の詳細はこちらです!

第1位:40,000円~の「オシャレなアフターブーケ」

上質な額を使って大切な方への贈り物としてもふさわしい高級感が漂うアフターブーケです。マットの縁を飾っているレースは世界的ブランドのものを使用している“かわいい”印象が残るデザインです。

※本アフターブーケ(ぶるーむ)の詳細はこちらです。

第2位:50,000円~の「オシャレなアフターブーケ」

ヨーロピアンな印象が残るアフターブーケです。さりげなく置くだけでお部屋の空間がグレードアップするようなインテリア性の高いデザインです。

※本アフターブーケ(ぶるーむ)の詳細はこちらです。

第3位:60,000円~の「オシャレなアフターブーケ」

押し花をよりアーティスティックに表現をしたシックなデザインです。額とマットをブラックで統一したり、あえて余白を活かすようコーディネートすることで、お花の色彩や輪郭が美しく描き出されているのが特徴です。

※本アフターブーケ(ぶるーむ)の詳細はこちらです。

【安いランキング】アフターブーケ保存加工(アート型)※株式会社Bloom(ぶるーむ)

一枚の絵画を描くようにアートの観点から創作するのがアートの形で残すアフターブーケです。お花の個性や色彩に合わせてアーティスティックにデザインするのが特徴です。   ※画像の詳細はこちらです!

第1位:40,000円~の「オシャレなアフターブーケ」

優しい雰囲気のレースと小花を囲むように配置された“アートスタイル”のアフターブーケです。さりげないデザインで、誰からも愛される様子です。

※本アフターブーケ(ぶるーむ)の詳細はこちらです。

第2位:50,000円~の「オシャレなアフターブーケ」

余白のバランスを大切にしている“アートスタイル”のアフターブーケです。お花がいくつも連なって幸せの連鎖をイメージしているデザインです。

※本アフターブーケ(ぶるーむ)の詳細はこちらです。

第3位:60,000円~の「オシャレなアフターブーケ」

小さいブーケを連ねたようなデザインで、日々の幸せが重なり、幸せが繋がりますように。という思いが込められたアフターブーケです。

※本アフターブーケ(ぶるーむ)の詳細はこちらです。

ウェディングブーケで作る!アフターブーケの作り方&はじめ方

【アフターブーケの作り方①】押し花にする時、注意する事は?

元々のブーケを忠実に作る!が基本です。

その為にも必ず何枚かブーケの写真を撮影しておきましょう!そして押す時には、花の表情をよく見るようにしましょう!

メインになる花はどれか?

正面押しをするお花はどれか?

横向きに押すお花はどれか?

など、きちんと見極めましょう!

お花の色も同様に、そのままの色を求められます。変色や退色などを十分に考慮をして、着色とい手段で元の美しいブーケを再現させるのがポイントになります。

【アフターブーケの作り方②】彩色は、押し花全てに化粧をするの?

もちろん全てではありません

しかし、押し上がった花から退色が始まりますので、大事なお花を蘇らせる一つのステップとして考えるようにしましょう。

【アフターブーケの作り方③】お花の鮮度は大切なの?

ブーケや花束の根本にお水をあげて、乾かないようにしましょう。

そして、冷え過ぎていないクーラーボックス、もしくは涼しい場所に保管するようにしましょう。

そして、お水をあげる時は、花にかからないように注意しましょう!

【アフターブーケの作り方④】彩色について気を付けるポイントは?

自然な花の色に仕上げることが大事です。

厚くベッタリと塗った色ではなく、薄く少しずつ色を加えて生花のような美しい花を目指すのが大事です。筆も平筆なら厚みのない薄いもの、塗った時にベットリとさせないことがポイントです。

そして、彩色の方法の一つに「ぼかし」のテクニックがあります。これは色々なお花に使えるテクニックです。最初は上手に塗れないかもしれませんが、何度もチャレンジしてみてください!

【アフターブーケの作り方⑤】花びらは一枚一枚外した方が良いの?

花びらを外す理由は、そのまま押すと形が変形してしまう可能性があり、確実性を狙うのと、分厚いままでは重なった部分が変色するためです。

そして、大きさの調整をしなければなりません。一重で単純なものは、そのまま押せます。幾重にも重なっていてもガーベラのように芯が大きく花びらが小さいタイプもそのまま押せます。

そのまま押すとシワになると予想される大きな花びら、幾重にも重なっている花びらは、1枚づつ外して後で組み立てるのをオススメします。

【アフターブーケの作り方⑥】多肉植物やアイビーの実も押せるの?

はい。押せます!

多肉植物でも、実でもカッターで裏側を削るようにしましょう!そこから水分を抜かして、厚みも取れて、綺麗に押すことができます。たくさん水分がでるので、小まめに乾燥シートを取り替えるのをオススメします。

【アフターブーケの作り方⑦】乾燥シートは取り替えた方が良いの?

ウェディングの場合は、必ず取り替えるようにしましょう!

分厚いお花は、水分がなくなるまで小まめに替えるようにしましょう!

【アフターブーケの作り方⑧】押し花が出来た目安は?

冷たいと不十分、温かいと感じる場合が出来上がりの目安です

茎つきは、ピンセットで持ってまっすぐにピンとしていれば出来上がりです。葉などは、手で折ってポキッと2つに折れればOKです。しなっとしていたり、折れないようならば、乾燥が不十分です。

ガーベラのように花芯の厚い場合は、花芯部分を触って確かめてみましょう!

【アフターブーケの作り方⑨】押し上がった時に小花用紙にくっついてしまう

花の切り口から出た汁によって、小花用紙にくっつくケースがあります。

無理にはがすと折れてしまう場合があるので、花の輪郭に沿って、小花用紙を切ってしまうのをオススメします。はがれにくい植物やラインをつけたい時には、スタイルシートという材料がありますので、是非、試してみてください!

【アフターブーケの作り方⑩】押し上がった花は、押板に挟んでおいた方が良い?

専用の保管袋に入れて、保管するようにしましょう!

一緒にはさんでいる乾燥シートは湿気をどんどん吸収するので、花にカビが生えたり変色してしまう原因になります。

押し花は湿気が大敵です。手で持たずにピンセットで丁寧に取り扱いましょう!

【アフターブーケの作り方⑪】押し花に使う紙選びのポイントは?

裏に乾燥剤を貼り付けますから、通気性のある素材を選びましょう!

乾燥剤の効力を弱めてしまうもの(ビニール)は避けるようにしましょう!最近は、紙や和紙とも色々と面白いものがありますが、押し花を生かすものを使いましょう!

【アフターブーケの作り方⑫】ブーケを押し花額に仕上げる時のポイントは?

生花のブーケの写真を見て、再現させるのが前提です

ブーケの作り手のデザインのポイント、メインとなる花の配置を生花の時と同様に立体のブーケを平面上で立体に見えるよう花の向きに気を付けて、雰囲気を出しながら再現しましょう!

【アフターブーケの作り方⑬】額にした後、気を付けるポイントは?

額を飾る場所については、直射日光の当たる場所、特に西日の射す場所や湿度の高い場所は避けるようにしましょう!

それから2~3年が経過したら、時々額を裏返して中のシグナルマークをチェックしましょう!シグナルマークがピンク色になっていたら、乾燥剤の取り替えサインです。

アルミテープ、特殊フィルムをはがし、新しい乾燥剤に替えるようにしましょう!そうすることで、長く押し花ブーケ額を楽しむことができます!

オシャレなアフターブーケ:大人気の株式会社Bloom(ぶるーむ)さんの口コミ

アフターブーケ経験者の評判や口コミ①:見た目が可愛い!

押し花アート経験者
押し花アート経験者
結婚式後、ブーケを残したいと思い、色々と検索をして、ぶるーむさんに決めました!見た目の可愛らしさがとても気になりました。

届いたフォーエバーフラワーはとても可愛らしく、毎日見ていても飽きないぐらいです。
部屋も華やぎます。
実際にブーケは、形や色などゼロから考えた物です。
それが押し花アートという形で残せることはとてもおすすめです!
決して安くはないですが、フォーエバーフラワーにして良かったと思いました!

アフターブーケ経験者の評判や口コミ②:せっかくだから残したい!

押し花アート経験者
押し花アート経験者
結婚式を迎えるにあたり、自分なりにこだわったブーケだったので、「せっかくだから残したい!」と思い、ネットでいろいろと店舗を探していました。その中で、ぶるーむさんフォーエバーフラワーがとてもキレイで、さらに台紙や額縁も選べるということに惹かれ、決めました。

実際に自宅に到着したフォーエバーフラワーは、
とてもキレイな仕上がりで満足しています。ぶるーむさんにお願いしてよかったです。

アフターブーケ経験者の評判や口コミ③:混ぜることができる!

押し花アート経験者
押し花アート経験者
挙式後、ブーケを押し花アートにして残したいと思い、ただ式場で頼むとなかなかのいいお値段だったので他にないかと探していたところ、ぶるーむさんを見つけました。今までの人生で見たことがない、フォーエバーフラワーにとても惹かれました。

白とカラーのブーケのどちらかを選ぶことができず迷っていると、2種類を混ぜて1つのフォーエバーフラワーにすることができますよと教えていただき、また、台紙の色も決められなかったので、仕上がりで合いそうな色でと、おまかせしました。
実際届いてみると、本当に素敵でした!!!
友達の中でも、2種類を混ぜてアフターブーケを作っている人は見たことがなかったし、どちらも残すことができて、とても嬉しかったです。
本当に有難うございました!!

アフターブーケ経験者の評判や口コミ④:友人にもすすめたい!

押し花アート経験者
押し花アート経験者
実は挙式の直前までブーケの保存について何も考えておらず、
押し花アートにして残すのはただただ高額なイメージしかなかったのですが、
せっかくの記念だし、何かしらの形にして記念に残したいと考えました。
そこで様々なホームページの中からBloomさんを見つけ、問い合わせしたところ
直前の依頼にも関わらず大変丁寧な対応で、こちらの予算やイメージから
ぴったりのご提案をして頂きました。

納品には4ヶ月半ほど時間がかかりましたが、素敵な仕上がりで大変満足しております。
発注から、ブーケの送付、振込み、納品と一連の流れで困惑することもなく、安心してお任せすることができました。
これから挙式を控える友人にもぜひ紹介したいです。Bloomさんありがとうございました。

アフターブーケ経験者の評判や口コミ⑤:結婚証明書と一緒!

押し花アート経験者
押し花アート経験者
結婚式のブーケをドライフラワーにしたり、押し花にしたり、ってゆうのを知らなかった私。式場の人が「こうゆうのあるよ!」って教えてくれました。
そこで自分でアフターブーケについて調べたりしました!いくつかのところでお問い合わせしましたが、ぶるーむさんが1番接客がよかったです。

こまめのやりとり、一緒にデザイン考えてくれたり、不安なこと、質問など、
電話やメールなので顔わかりませんが、嫌な声せず、聞いてくれ、とても安心しました。
フォーエバーフラワーも魅力の1つですが、1番素敵だなって思ったのは、
結婚証明書も一緒に!ってゆうのがとても魅力的でした!完成したものが届き、すっごく可愛く、私好みのデザインでとても満足です!

アフターブーケ経験者の評判や口コミ⑥:立体的な仕上がり!

押し花アート経験者
押し花アート経験者
アフターブーケとして、ぶるーむさんを知りました。
挙式会場でも、あらゆるブーケ保存のカタログをもらいましたが、どこもお高い…
でもこだわりのブーケを残しておけるなら、ぜひ加工して欲しいなぁと思っていたところ、ぶるーむさんはお得!と思える価格設定でした。

さらに、ただの押し花ではなく、「ふわっ」と立体的な仕上がりのため、厚みがあって、その技術も他社さんより魅力に思いました!
ぶるーむさんを知ったことで、お値段で躊躇していたアフターブーケ製作という夢を叶えることごでき、とても嬉しかったです
6月に完成品を見ましたが、アンジュの額も作品もとても可愛らしく、大満足です!
ありがとうございました

アフターブーケ経験者の評判や口コミ⑦:結婚式ブーケも残します!

押し花アート経験者
押し花アート経験者
ぶるーむさんに依頼したのは、元々、プロポーズの時に貰った花束を残そうと思い、押し花加工の出来る会社を探したのがきっかけです。

色々と探してみましたが、やはりぶるーむさんフォーエバーフラワーは他社では出来ずに、とても立体的な所に惹かれました。
その後結婚式のブーケも残そうと思いお願いしました。

アフターブーケ経験者の評判や口コミ⑧:旦那さんも感心!

押し花アート経験者
押し花アート経験者
結婚式の思い出に残したくて、前々からブーケを残そうと思っていました。
ぶるーむさんは、最後まで安心してお任せできました。出来上がりも、とても可愛くて残していなかったら後悔していたと思います。

旦那さんも、よく出来ているねと感心していました。
ぜひ、これから式を考えている方は残してみてはいかがですか。

アフターブーケ経験者の評判や口コミ⑨:普通の押し花とは違う!

押し花アート経験者
押し花アート経験者
「今はブーケも残せるんですよ~」と担当プランナーさんに伺っていろいろ探した結果、ぶるーむさんを選ばせてもらいました。

選んだ理由は、何よりフォーエバーフラワーが素敵だったことです。
「押し花」って聞いていたので期待していなかったしぺたんこだったら残してもなぁと思っていたのですが写真で見ても普通の押し花とは全然違う!これなら残したいかも!と思いました。

アフターブーケ経験者の評判や口コミ⑩:ふわっ!と立体的

押し花アート経験者
押し花アート経験者
他の会社も見てみましたが、やはり「ふわっ!」と立体になっているのは、ぶるーむさんが一番でした。
押し花でないものもいいとは思いましたが、予算の関係でフォーエバーフラワーにしました。

できあがってきたものを見ても、やっぱり残してよかったと思います!
結婚式はとても費用のかかることだとは思いますが少しでも余裕があるなら、ブーケを残すのもいいのではないでしょうか。

【アフターブーケ】結婚式ブーケ保存保管のポイント15選【アフターブーケとは】アフターブーケは、結婚式や挙式のブーケを長期的に残せる形に保存加工したブーケです。幸せの瞬間と共に残すアフターブーケ。アフターブーケのあれこれをお伝えします。ブーケや花束を押し花に。(生花保存加工)...
【花束保存&保管方法】プロポーズの花束を保存や保管する方法【花束保存保管の方法】プロポーズの花束の保存や保管方法、花束加工保存のポイント。記念の花束を残す方法をご紹介。※持ち込み可能。大切な花束を額に入れて残しておけるって素敵ですよね!結婚式でウェルカムスペースに飾る新郎新婦もいます!プロポーズの立体加工についてお伝えします。...
【いらない?】アフターブーケ後悔のポイント10選【アフターブーケ】アフターブーケで後悔する10個のポイントをご紹介します。アフターブーケにした卒花嫁、アフターブーケにしなかった卒花嫁の声をお届けします。アフターブーケは安い買い物ではありませんが、長期的な視点で見れば安い!です。アフターブーケに保存加工をオススメします!...
【結婚式後のブーケ、どうする?】花束保存・保管の評判や口コミ【アフターブーケの評判や口コミ】bloom(ぶるーむ)のアフターブーケを受け取った花嫁の評判や口コミをご紹介します。おすすめ!大満足!後悔なし!かわいい!想像以上!と好評価です。ブーケや花束持込みもできるので、ぶるーむさんオススメです。...
【プロポーズ】プロポーズのタイミングや言葉を徹底解説!プロポーズのタイミング、プロポーズの言葉、体験談、失敗談をご紹介します!また、プロポーズは一生に一度のこと。プロポーズをする場所等を含め、しっかり準備する事の大切さを経験者がポイントでお伝えします!プロポーズ、成功させましょう!...
【アフターブーケの評判】花束を残す(保存)新郎新婦は増加?【花束保存加工】花束保存を選ぶカップルや新郎新婦は増加しているのか?実際にアフターブーケを経験した新婦さんの口コミや評判を記事にします。アフターブーケで迷ったり、後悔したくない方が対象です。元ウェディング業界にいた私が花束保存をした方が良い理由をお伝えします。...
【花束保存の口コミ】プロポーズ花束保存の経験者の声:10選【花束保存】プロポーズの花束や記念の花束の保存経験者の声!おしゃれなアフターブーケで大人気のぶるーむの評判!花束保存ができる会場のご紹介!沖縄、福岡、名古屋、東京、大阪、京都、北海道、岡山、神戸、仙台、札幌等、全国対応しているぶるーむ取扱店をご紹介します!...
【花束保存・保管の口コミ】押し花アフターブーケ:20選【アフターブーケ(押し花)】卒花嫁の評判や口コミをご紹介します!フォーエバーフラワー(押し花のドライフラワー)はおしゃれ!花束保存保管なら押し花アートがオススメです。挙式後、持ち込みも可能。お花を残したい方は、アフターブーケ(押し花)がオススメです!...
【アフターブーケの評判】花束保存の口コミ20選【花束保存保管のレビュー】アフターブーケで後悔したくない方必見!押し花アート、ドライフラワーを残した先輩花嫁の口コミ20選!花束保存や保管の参考になります。花束の持ち込みができる東京と岡山のアトリエで、花束保存加工ができます。全国対応可能...